2017年10月30日

「神仏のなみだ」


神仏のなみだ --- 桜井識子/著 ハート出版 2017

関西は昨日の夕方までに台風が通り抜けました
まーーー すごい雨風でございました。しかも2週続けてだしね。

みなさまのところは大丈夫でしたでしょうか?

わたしは先週の台風接近中はお習字の先生のところで特訓お稽古
昨日は(ずっと準備していた大先生に見ていただく会が台風で中止になったので家で)
墨と筆と半紙とにらめっこ。

いつもはこんなんじゃーないんですけど、年明け早々に展覧会があって

初出展なものですから。。 このところ根を詰めてやっています
ふしぎなもので
こんなに(肩が凝って腰が痛くなるほどに)お稽古していたら、お習字が、
なんだか… 楽しくなってきた……

うふ♪

そんなこんなで
読んでからすぐにはご報告できませんでしたけど
識子さんの最新刊です

装丁がねー
いつもとちがう雰囲気。
表紙が和紙風で、どきどき、頁をめくると、更にどっきり。とってもシンプルで
紙の色と、インクの色と、書体がとてもきれいです。

これは、出版社力入ってるなー

内容は、大きく分けて
1●中国地方の小さなお社めぐり。あてずっぽうの旅〜
2●東北の被災した地域の神社めぐり。津波到達ラインにいらっしゃる神さまたちのこと
3●セドナのホーリークロス教会にて〜 キリストとの交信
4●(小説)閻魔王庁ものがたり

と、盛りだくさんで、とても読みごたえがありました。

1●でいうと
「日本の昔の人々は、禍々しいものを殺すとか消滅させたりするのではなく、
祀っていました。
悪鬼でも、怨霊でも、祀ることによって封じ込めていたのです」


で、長年手を合わせているうちに、そんな「封じられたもの」が浄化されて神さまになったりもしたそうです。
ほほー……

2●では、神さま達がいかに身を挺して、災害から人々を守ろうとしたか。
っていうことが
(今それでずいぶん消耗し弱っている神さま方から)識子さんを通じて語られます

神社って昔の聖地であったところが多いし、そういうのは今は喩え内陸でも、太古は岬だったところとか
(つまり今は高台になっている)に立っていることが多いから
神社のところで津波が止まった、っていうのは神さまの力だけのケースばかりでもないんじゃぁないかなって
思いはしますけどでも
(わたしは現地は知らないから)読んでいるとやはり
(低地のお社の話も載っているしね。)
ありがたいなぁ、すごいなぁ、って畏敬の念が湧いてくる。

個人的には
陸前高田市の松峯神社っていうところが(オオカミ様がいらっしゃるんだってー)気になる(行ってみたい〜)のと
参道の両側に立つ日本の植物が、狛犬のお仕事をがんばっているっていう大船渡市の「尾崎岬」のようすが
とっても素敵だなーと思いました

セドナの教会でのキリストとの会話の中で
(そうそう、ここ行ったことあるんです↑。ここで買ったセドナロックの十字架を思い出して、久々に日光浴してもらいました^^)
前世の識子さんにイエスが言った言葉が分かった!っていうシーンがあるんですけど
ここ、感動的……

閻魔様が仏さま、っていうのも
あ。そうなのか。仏さま……
物語も、なかなかの面白さでございました

認知症になってしまった人の魂が横にいる… っていうのも
これ、そう思うだけで
世界の見方がものすごく変わってくるんじゃないかな。
見えないものを意識する、って、あぁこういうことでもあるのね。と思いました


識子さんのアプローチってあったようで実はないんじゃないかなー
世界中の遺跡を回ってもらいたいな……^^


posted by しろくま at 11:25| Comment(0) | こんなん読みました^^

2017年10月27日

天川村に行ってきました(その5)

20170925niukawakami.jpg
さて、天川村に行ってからもう1か月がたって、だんだん記憶が怪しくなってまいりました。
(少し心配)
↑の写真は丹生川上神社(下社)の木です。ここには最初に立ち寄ったので、(その1)にあります〜

さて。
蟷螂の屈を辞し、次に母公(ははこ)堂に行ってみることにしました。
蛇之倉の兄ちゃん(気安く読んで失礼〜!)が勧めてくれたし
(あと、龍泉寺もいいですよって勧めてくれました。これは次に!)

ここは、役行者のお母さん縁のお堂らしいのです。
ここから女人結界。(今は、もっと奥に移動したそうです)
それを示す大きな石碑があったような……(やっぱり記憶が…)

ごろごろ水を再び横にみながらどんどん道を進んでいくと
左手にトイレと、小さな駐車場があって、その向かいにお堂が建っていました。

お参りしようと近づくと、なかに小柄なおじいさんがいらして、
わたしがお賽銭を挙げている間にも

どこからきたん?なんの祈願する?
って気さくに聞いてくれます。え?祈願???

せっかくなので、では、家内安全… みたいなことをお伝えした気がします。
(やはり、記憶が)

そうしたらね
そのおじいさんが、何かのページをパラパラとめくって(たしか)
木魚をポンポンと威勢よく叩きながら
祝詞???をあげてくださいました。んま!ホントに!??

もうちょっとお賽銭あげておくんだった……(;^ω^)


お堂を守っている方なのかな
他に参拝の人もなく
コーヒー飲むか??って
お堂の横の小さな小屋から、コップにコーヒーを二つ持ってきてくださって
おじいさんとお茶しながらしばらくお話をしました。

ここは昔、役小角が御所市から修行に来た時に(もちろん歩いて)
お母さんが心配して一緒についてきて
お母さんはここのあたりに住んでいたということでした

西宮から来たというと
自分も若い頃
西宮の浜の方にいて、戦争の訓練を受けていた、
鉄砲を担いで走り回っていた…という話をしてくださいました。

当時16〜17くらいっておっしゃってたかな。ちゅん2くらいやん!!!
なんか胸が痛くなりました。
よくご無事でしたね… と話すと、あの時はしんどかったーって
笑っていらっしゃいましたが

9月の末で、下界はまだまだ暑いけど
おじいさんはフリースを着こんでいらして
ああここは標高も高いし、山が両側に迫った谷で日も長時間射さないし
冷え込むんだろうなぁーー なんて思いながらお話を聞いていました。

祈祷とお茶のお礼を言っておじいさんと別れ
また車に乗りこみました
頭の上の細い青空が、妙に心にしみました


母公堂について、「天川村ガイドブック」にはこうありました。

役行者は、
このままでは、母は自分を心配して、危険な行者道にまでどんどん登ってきてしまう!と悩んだ末
ここより先を女人結界と定め、母が後を追わないようこの先を女性禁足の地として、
ここに住むように手はずを整えたのだそうです。

女人結界というのはこうして始まったのだと。
女性を不浄として遠ざけるのではなく、身の安全を慮ってのやさしい心からのことであると
ガイドブックにはつづられています。

行者のお母さんはここに住み、助産師として地域の力となり生きたそうです。
母公堂は子授けや安産に霊験あらたかなのだとか〜^^

(つづきまーす)

posted by しろくま at 11:24| Comment(0) | みてある記♪

2017年10月19日

We are right

Screenshot_20171019-132407.jpg

これ、名言じゃないですか?

このお父さん、かっこいーい♪


わたしたちが正しい場所に花は咲かない よね


posted by しろくま at 13:43| Comment(0) | 日々雑感

天川村に行ってきました(その4)

20170924caves_s.jpg
前回は、蛇之倉七尾山に着いたところで終わりましたっけ。

で、せっかくだから(「懐中電灯勝手に使ってください」とかって、若干???なものの)
行ってみることにして
うろうろと道を(「下に下りる階段ありますから!」というお兄さんの言葉を頼りに)
探しておりましたら

また件のお兄さんにばったり。
よくよくご縁があるのだわ。ありがたい〜^^


道の入り口を教えてもらって、川にかかった小さな橋を渡って
前回のtopの写真はその橋の上から上流を見たところです)

蟷螂の窟、とかいう洞窟へ。
(洞窟は2つあるそうですが、ひとつはその前の道が工事中で行けないようでした)

……………

なんとも、すごいところでありました

入り口にちょっとした拝むところがあって、お線香とろうそくを奉納できるようになっていたのですけど
マッチがなく
お金だけ入れておきました。

中に入るには白い上着のようなもの…修行の人が着るような…をお借りしてはおることになっているようで
それを着て
たくさん置いてある懐中電灯を一つ借りて

洞穴の中へ…


だーれも いないし!
真っ暗だし!!
狭いし!!
おそるおそる、中へ中へと入っていきます。

割と、怖い。

中は天然の細い洞窟がずっと続いていて
登りがあったり、下りがあったり
水の溜まっている池のようなところがあったり(地下よ〜)
ところどころに小さなお堂があったり

こりゃ、怖がりのちゅん2は無理かも(* ̄m ̄)


先が行き止まりになっているところまで行って
引き返して
さっきはいった入り口とは違うところから、外に出ました

(眼鏡をかけている方は、温度や湿度が急に変わるので、眼鏡が一機に曇るそうです)

スニーカーを履いてきたらよかったな。
(ぺたんこの靴ではありましたが)

あーでも
すごーく得難い体験をさせてもらいました
お寺とかである胎内めぐり・お戒壇めぐりの、天然の、スリル満点版?

なんだかじっくり気配を感じるどころではなく…(小心者)
胸がドキドキしていました〜〜

写真?写真は、撮りませんでしたよ〜〜
だって
なんか写ったら困るじゃーないですかー

(つづく)
posted by しろくま at 12:57| Comment(0) | みてある記♪

久しぶりの本じゃない?

cloud_s.jpg
先日夕ご飯の後でちゅん2と喋りながら
クロスワードを解いていました

結構、難しい……

わたしが苦戦しているのを見て、ちゅん2が手伝おうとと覗きに来ました

あーだこーだ言いながら、
わたしが
「あ!これはわかる〜〜♪ フランクルの『夜と霧』」

キリ…と…♪
と、書き込みながら、

でもこの本、ずっと持ってるけど、読むの怖くってまだ読めてないんだよね〜

するとちゅん2が俄然興味津々に。

なんで?

あのねー アウシュビッツに入れられてた人の実話なんだよね…

なんて話していたら

「それ、読もうかな。学校に持っていく」

朝読とか、あるんですかね?高校でも?
ともかく

ちっちゃいころはたくさん本を読んで楽しんでいたちゅん2ですが
中・高と本よりもゲームやyoutubeになり、とんと本はご無沙汰ですので
おー♪これはいい!! と速攻で本を渡しておきました。

読んでるかな〜?

それにしても
怖くって読めないって…私……(-_-;)

(読んだら教えてもらおう)
posted by しろくま at 12:37| Comment(0) | ちゅん2日記

2017年10月07日

メモリアルな日。

20171006日経プロムナード尊敬する主婦たち_m.jpg
昨日(久々に毎回楽しみに見ている)ドラマの「この声をきみに」を見てまして

主人公(男性)の奥さんが出ていって、離婚調停になっているんですけど
久しぶりに二人の子どもと会うシーンがありまして

そのなかで
小6くらい(かなぁ)の娘がお父さん(主人公)に言うんですよね

お母さんはお金を稼いでいないから、だれにもほめられない。
だけどじぶんはそんなおかあさんがすごいとおもう。

みたいなこと。
このくだり自体は、あぁ子どもに言わせたなぁって、しらっとしてしまったのでございましたが

そのあとで読んだ日経新聞の夕刊の記事がこれでした↑
(クリックで拡大しまーす 読んでみて〜)

不覚にも胸がいっぱいになってしまった。

これとあともう一つ、もうなんだかさっさと忘れてしまったんだけども
わたしにとって aha! の元になるようなことがあって…


この3つ揃って、あぁこれ、わたしにあてたメッセージだってことが分かった
この頃何となく考えていたことへの。


--- このあとは個人的なつぶやきなのでご興味とお時間のある方だけどうぞ〜… ---

なんかね。
わたしはもう仕事を辞めてずいぶんになって、もう長いこと専業主婦で
毎日好きなことしたり、ボランティアに行ったりして(あとちょこっと家事もしたりして)
でもさぁ
やっぱり世の中の役に立ちたいなぁって気持ちがあるわけ。

それに
もし万が一、オットに何かあったら今のわたしには生活力がないなぁ
(何かしなくっちゃなぁー したいなぁ〜)
っていう気持ちもあるわけ。

でもさ。

先日読んだ本にあったことや(これは心屋さんがHP…たまぁに読む…でも常に書かれていることですが)

そんな邪念っていうか、いらん心配っていうか、をもたずに
自分がやりたくて駆り立てられてたまらないことを夢中で追いかけていればいいんじゃない?
それが
実は近道だったりするんじゃない?(←こう思うことも邪念だ〜)

ってことが
ほらほら
散々読んでわかってたつもりだったのに
やっちゃってるのねぇ

わかってなかったわ。
ってことがわかった〜〜!!!!!

って上から降りてきたような。

結構メモリアルな体験でした。

(* ̄m ̄)うれしい
posted by しろくま at 21:46| Comment(0) | 日々雑感

「『好きなこと』だけして生きていく」


「好きなこと」だけして生きていく --- 心屋仁之助/著 PHP研究所 2014

先日速読の教室に行っておりまして
なんか読む本ないかな〜って教室の本棚にあったこれを手に取りました
内容は、そう新奇なものでもなく、ざざっと読めて
2コマの授業中にfinish〜してしまえた。おもしろかった〜

心に残ったフレーズはこちら。

「『誰にも迷惑かけていない!』という人は、実は感謝のない人です」
「もし罰が当たるとしたら、好きなことをやっていないときです」
「『ああ、ムリムリ』が、自分が一番やりたいこと」
「腹が立つことは、自分が欲しくてたまらないこと」


好きなことあれこれやっているようで
やっぱり
わたしが本当に好きなことって何だろうな!??さがしをしているのであーる。

posted by しろくま at 21:29| Comment(0) | こんなん読みました^^

2017年10月03日

「コスタリカの奇跡〜積極的平和国家の作り方〜」


コスタリカの奇跡〜積極的平和国家の作り方〜 --- マシュー・エディー、マイケル・ドレリング/監督 アメリカ、コスタリカ 2016

コスタリカといえば。
Connection Practiceが生まれた国。(開発者はアメリカ人だけど)

なにより
憲法で軍隊と戦争を(永久に?)放棄、として知られる国。
この映画を観ると、民兵は招集できるみたいだし、1948年に軍隊を放棄してからも
何度も…(アメリカの圧力で)すわ再軍備か!?みたいな危機はあったみたいですけれども

国民がそれに反対し、(一度は為政者相手に裁判まで起こしてる)
あるいは傑出した大統領が国際法を信頼し世界中を味方につけて抵抗し
軍備ゼロを守ってきた国。

詳しくは映画見てね。映画に行けなくても、HP読んでね。

痺れたのは
最初に軍隊放棄宣言をした大統領フィゲーレス(国民から親しみを込めてドン・ペペと呼ばれてる)が
ニカラグア(だったか…??)国境で暗殺されそうになってその後に(相手の元首に向けて)語った言葉
"Grow up."


もちろんさ。
日本と比べて違うところはあるけどそんなこと些細なことさ。

しみじみ思ったのは
本当にその国のことを考えている、いい政治家がいて
それだけじゃなくて
国民自体が、勇気があって、自分のアタマで考えられる知性があってそしてある意味楽天的
(人間に対する信頼があるっていうかなぁ)
っていううらやましい条件が整っての軍隊放棄なんだな。

それに
放棄することよりもその体制を続けていくことの方が知恵と忍耐が必要なんだな


なんともうらやましい。

さすが
自分や相手との「対話」メソッドであるConnectionPracticeが生まれた(そして取り入れている)国コスタリカだなーと思わざるをえないです


ところで日本は……


posted by しろくま at 19:15| Comment(0) | たまに観る映画のはなし

天川村に行ってきました(その3)

20170924yamagamigawa_s.jpg
さてー

みたらい渓谷から、車でちょっと北へ。
割りあいすぐですけど
あらまぁこんな山奥に♪って思っちゃうような、突如としてあらわれる(でもこぢんまりした)温泉街の
洞川温泉をぬけて(ここへ行く途中の道路沿いに、温泉センターがありました)
その先へ。

そうそう、ちょうどお昼時で、お蕎麦屋さんが何軒もあって
食べていきたかったけどなーぁ
なんとなく通り過ぎちゃって
(でも残りの旅程を考えると、ここで時間をとらなくってやっぱりよかったのでした)

さて
温泉街をあっという間に通り抜け。
地図でみた、「蛇の倉七尾山」はどこかな〜?ってきょろきょろしながら
その先の「ごろごろ水」をまずは目指します。

空の500ml水筒を持ってきたのだー^^

ええと、修験道場である七尾山は23日に閉山したらしいとは調べてあるんだけどもね。
(だって、開山期間中には予定が開けられなかったんだもん)

運転しながら、周りをきょろきょろ、どこかな〜わかんないな〜
って思いながら
一か所、妙に空気の違う、まるで
千と千尋の神隠しの石の祠やらがあるあたりみたいな場所を通り抜け
(ここ、停まって写真撮りたい!と思いましたが、道幅狭く、それに何が写るやらわかりゃしないので止めました)

ごろごろ水はすぐにわかりました。

駐車場がありますが、一回500円水汲み付き!??

ってよくわからないので、その向かい側の「鍾乳洞駐車場」に停めて。
(この駐車場も有料だけど、お金は水汲み駐車場で払って、って書いてある)

まあ鍾乳洞見学もよいか〜 なんて思いながら
小さいリュックだけしょって、水汲み駐車場のおばさんのところに行ったら

どこ行くの?

あのー 鍾乳洞をみようと思って…

鍾乳洞は閉まってるよ!

あらー…
じゃ、ちょっと水を見るだけにします

どうぞー

って、駐車料金も請求されませんでして
へー?って思いながら中に入って、分かった。

ここ、名水ごろごろ水のでる蛇口が、各駐車スペースのところについていて
みなさん車で横づけて、もってきた大量のペットボトルやポリタンクに、じゃんじゃん水を汲んでらっしゃる。

ほほー
そういうシステムなんだ。

パッと見何も持ってないわたしが無料なのがよくわかりました
(ちっこい水筒にちょっとだけ汲ませてもらいました)


七尾山わかんないな〜って思いながら車で引き返し。
さっきの怪しい雰囲気のある苔むした石の場所を通りすぎた直後。

ふっ!と山側を見上げたら、あった。蛇の倉七尾山。
山、って名前だけどさ、なにやらお寺みたいな大きな建物が
道からすぐにぬっ!!と建っているのにやっと気づきました。

急遽バックして、軽トラのとまっている、一方に酒樽の積んであるちょっとしたスペースに駐車。
(ええんかな…とか思いながら恐る恐るです)

改めて見あげる建物は、アプローチなし、門なし、前庭なし…のいきなりのこんなの↓
20170924janokura_s.jpg
こら、(車の小さい窓から探したって)わからんわ… 壁かと思いますやん?

ありがたくうれしく、さっそく口を漱いで、階段を上らせてもらって
拝壇(っていうのかな?)へ。
お賽銭あげて、拝んで、ぼんやりしていたら
作務衣を着た若いお兄ちゃんが声を掛けてくれました。

思うに、たぶんだけど昨日でお山は終わっているから、
この日は外からの人は少なくて
ここの方々(老若男女でした)が出入りされているだけで(みなさん気さくに声を掛けてくださって、とても爽やかで親切でした〜)
なんかわたし的にはちょうどよかったのかも。

このお兄さんが熱心にお山の説明や、祀られている神さま仏さまお地蔵さまや…の話をしてくださって
とってもおもしろかった。

さっき、鍾乳洞がやってなくて〜 って話をすると

他にもほら穴いっぱいありますから!ぜひ見ていってください!
だれもいないけど、懐中電灯おいてあるから自由に使ってください!
中真っ暗だから!この下の道から階段降りたらいけますから!

って…

え? 真っ暗? ほら穴?? 勝手に入るの???

って、なんだかよくわかりませんでしたが
そりゃぁせっかくだもの。ぜひ行ってみることに…


つづきまーす♪

posted by しろくま at 14:26| Comment(0) | みてある記♪

天川村に行ってきました(その2)

20170925mitarai_s.jpg
ホントにもうねぇ
うっかりするとつい、続きを書くことを忘れているのでございますよ
いっぱい書くことあるのにねぇ

ということで、(その1)の続きです。

まず
丹生川上神社(下社)→天河神社(天河大辨財天社)ときて、さて次にどうしようかなー
ってネットで検索したら

スマホの電池がもう残り少ないことになってました
Σ( ̄ロ ̄lll)!

日ごろ使わないもんで、充電器もってきてなかったわ。
そういえば
カーナビ(ナビ子さん)がいまいち不安で、google mapのナビ機能も併用してきたもんだから
(これは大正解。ナビ子さんの知らなかった、新しく出来てた高速?に乗れました)
電池がこんなに消耗するなんて知りませんでした。

ということで…

蛇の倉七尾山に行きたかったので、途中(ってこともないが…)にある景勝地
みたらい渓谷
に寄ってみることにしました。

ところどころ、車一台しか通れない道…
(そういう時に限って対向車が来るのだ)

着いたんだけど、手前に食事処の駐車場があって停めるところが分かりにくい。
(その先に2カ所あります。有料。駐車するとすぐお兄さんが飛んでくる)

で、
せっかくなので川に下りて↑の写真撮って帰りましたが
ここはここでとてもきれいだったんだけど

さー出よう!!と車を出してしまった後で
みたらい渓谷のキレイなところはここじゃなくって山側(滝が見えた)
だったんだってことに気づきました

でも、道狭いし。戻れないし。まぁ、いいや。

一路洞川温泉へ…
(今度はぜんぜん対向車なかったです)


つづきまーす♪
posted by しろくま at 00:50| Comment(0) | みてある記♪