2017年04月07日

「手放すほど、豊かになる」


手放すほど、豊かになる --- 枡野俊明/著 PHP文庫 2017

これは帰りの千歳空港で買いました。
「みじかい眠りに…」を読んでしまって、次に出口王仁三郎の「霊界物語」を読んでたんだけど
ちょっと疲れてきて( ̄m ̄〃)

で これを……

いい本だった。
著者は曹洞宗のお坊さんで、禅庭のデザイナーで、大学の先生。
なんかTVでお見かけしたことあったような?(たいして覚えてないけど)


以下覚書。

「立禅」のすすめ…電車の中でも散歩中でもどこででも!
「まず姿勢を整え、次に呼吸を整えます。姿勢と呼吸が整うと、自然に心も整っていきます。
背筋を伸ばしてまっすぐに立ち、眼を半眼にした状態でヘソ下7.5センチぐらいのところ(丹田といいます)に意識を集中させながら、自身の生命力の流れに任せるようにして、ゆっくりと息を吐きだし、ゆっくりと息を吸います」


「墨絵を書く」よりも「墨をする」のに時間をかける
「墨をすりながら心を澄まし、気持ちを高揚させていきます。
絵は一気に書きますが、墨は長い時間をかけてすります。
一時間も二時間もかけて墨をすりながら、心が極まった段階で初めて筆に墨汁をふくませて紙に向かいます。
心の準備期間を十分に置くから、爆発的な集中力を発揮でき、いい絵も描けます」


「喫茶喫飯」
「お茶を飲むときには、お茶を飲むことそのものになりきります。
ごはんをいただくときには、ごはんをいただくことそのものになりきります。
お茶を飲むのも、食事をするのも、『心を統一し、集中力を高める』ための、ひとつの修行と考えます」


「今日できることは、就寝3時間前までに終わらせておく」
自分が眠くなるタイミングに合わせて、「『深夜12時になうと目を開けていられなくなる』という人は、9時ごろまでには食事と入浴を澄ませて、寛ぐ時間帯とします」
「きょうしなければならないことは、就寝三時間前までに済ましておくこと。
もし済ますことができないなら、諦めてあしたにもち越す方がいいでしょう」


「傷つけ合うのも、ひとつの人との縁です。
私の経験からいえば、相手との間には、喜ばしい経験が半分、嫌な出来事が半分。
半分半分で、ちょうどよく釣り合いが取れて、親しく付き合っていけるのです」

コップの上半分が澄んでいて、下半分が濁っているようなものだ、と例を出して。
人付き合いはマイナス部分だけではない、「自力ではなく、人は他力で生かされている」
「人間関係の喜ばしい部分も、嫌なところも両方をひとつに合わせて、『ありがとう』といってみてください」



「人とは、すこし損をするつもりでつき合う」

「同じ日課の繰り返し」に、新しい発見を探す

「『同じことの繰り返し』の中にこそ、自分を伸ばす、成熟させていく、新しい発見がある、学べる智恵がたくさんある」
「たいがいは、『同じことの繰り返し』です。お父さんの人生も、お母さんの人生も、そういうもの。
しかし、そこで飽き飽きして停滞するか、そこから新しい発見をするかで、今後の人生は大きく変わっていきます」


「みずからが、みずからの『主人公』となる。
「主人公」
というのは禅語なのだそうです。「物事に主体的に、積極的にかかわっていく自分」という意味。
「坐禅も、禅の修行も、決まった約束事があります。自分で好き勝手にできるものではありません。
しかし制約の中であっても、主人公となって修行します」
「定められたことであっても、それに主体的に、積極的にかかわっていく気持ちがあってこそ、つらい修行に耐え抜いていけるのです」
「そのような制約の中で、『主人公』となる。
みずから決断し、みずから行動し、みずから人生を作り上げていく。
だからこそ、『生きていく喜び』が湧き上がってくるのです」




生活をきちんと整えようって気持ちになりました。
次の本に取り掛かった時点で、忘れかけてしまうのが私の困ったところ……

(というわけで、こうして覚書しておくってわけ)

詳しくはどうぞお読みください^^
posted by しろくま at 23:56| Comment(0) | こんなん読みました^^

「みじかい眠りにつく前に」


みじかい眠りにつく前に 〜V 明け方に読みたい10の話〜 --- 金原瑞人/編 ピュアフル文庫 2009

ということで、北海道に持っていきました。

今回はのんびりする(stay型の)旅だったし、飛行機やホテルで読む時間あるっしょ。
ってかんじで…

(ちゅん2は春休みの宿題をしてました)

そうそう余談ですけど、旅行中は毎朝6時すぎに目が覚めた。
一方ちゅん2は起こさないといつまでも寝ていて……(* ̄m ̄)

短編集です。

しょっぱな、池上永一さんで始まるので、わくわくして読み始めたら
もう読んだことのある話だった。
でもそうだよね。ファンだもの〜
再読っていいもので、以前読んだ時とは違う読後感でした。

純文学っぽいものは、ちょっとしんどいんだけど〜
でもすこしの空いた時間で軽く読めて、気まぐれに止められて、
いろんな作家さんのいろんな味を楽しめる
おいしいassort。


posted by しろくま at 23:25| Comment(0) | こんなん読みました^^

北海道土産はやっぱり

kiroro.jpg
… 千秋庵っしょ!!!

北海道に行ってました。
息子と二人で(だってオットは仕事が休めなくてねー。去年の宮古島に引き続き、母子旅です^^)

乗馬して、スノボして、今回はアクティブツアーでございました
楽しかった!!!!りふれーっしゅ♪♪♪

↑の写真は、スキー場のホテルの部屋からの眺め。
右端に移っている、余市岳が神々しいです

で、帰りの千歳空港です。
お土産いーーーっぱい売ってますよねぇ… なんか 華やか〜

目移りするけど
(特にスイーツは)大して、味もおいしさも変わらない。
きらきら派手なお店よりもやっぱりわたしは
千秋庵派 なのでございます

むかし、札幌に住んでいたころ、母が好きでたまに買いに行っていた千秋庵。
定番は「山親爺」せんべい(これは、母にお土産)

今回は

お菓子も、パッケージも、(&空港のお店も)素朴で(* ̄m ̄)おいしいです〜〜〜

パイの中にあんこがはいったノースマンと…
(かぼちゃあんと、桜あんもありました)

カスティラクッキーと…

あと、
トウキビサブレ― っていうのを買ってみた!


「札幌娘」も好きだった(ような気がする)し、「都ぞ弥生」も食べてみたいわぁ
あぁどれもこれもおいしそう…^^


posted by しろくま at 23:14| Comment(0) | 日々雑感

2017年03月31日

「リズム」


リズム --- 森絵都/著 講談社 1991

↑画像は文庫ですが、図書館で借りたのは講談社のハードカバーでした

Dive!がおもしろかったので、ちょっと手が伸びた。

わたしのリズム……

それだけが、心に残る小説。でもさ、思春期の頃に、こういう言葉、聞きたかったなー

posted by しろくま at 23:16| Comment(0) | こどもの本

2017年03月29日

「愛と許しのアロハ・スピリッツ」


目下、ハワイ情報収集中。(とくにマウイ島)

これは、「神様とおはなしができる」というアニキと、弟の龍の兄弟が
ハワイで人(といっても普通の人じゃないけど)に会い、パワースポットをめぐる…

というおもしろそうな本でしょ?

対談したのはKR女史(ホ・オポノポノ)と、アラン・コーエンさん、フランク・ヒューエットさん。
コーエンさんはスピ界で有名な作家さんらしく
ヒューエットさんはカフナ(あぁ、むかし結構カフナ系の本ご紹介したんですけどもね!消えたblogに…ハワイの、medicine manみたいなものでしょうか…)の家系に生まれたフラの継承者だそう。



このところ読む本に頻繁に現れるメッセージがここにも。

アニキ「自分を愛するというのは『愚かで可愛い自分を知る』ということです。
だめな自分が存在していることを、自分が認めることなのです。
人間の弱さを、自分で体験して、自分で発見することです」

「…力を抜くこと。それが本当に重要なのです。
リラックスした状態でないと、どんな力も空回りするものですからね。
…(中略)…
固くなると筋肉もしなやかに動かないのと同じで、心の動きも鈍くなります。
リキんでいる人の細胞や意識は、自らの圧力に非常に弱いのです」

「ボクがいつも言っているのは、人の話を聞くときに、その人を好きになりましょうということなんです。
その人を助けたいと思うんなら、好きになるんだよって。
そうすることによって道が開かれると思っていまして、話しているうちに、
相談している人ではなく、相談されている自分が心を開くようになるんです
…(中略)…
自分が開いたら、相手も開くんです。…(中略)…
いつの間にか相手が自分で答えを出してきて、解決されていくんです」

これ、傾聴療法の松本先生のおはなしとおんなじ。

「自分のことを認めている人の言霊は、地球に伝わりやすい」


「自信ではなく、自愛です。
自信がなくてもいいのです。
自分を知ろうと動き、ああそうか、と知れた後はちゃんと労い、愛する。
すると、いつかすっきりします。
これでいいんだ自分。とね。それができると、自信も自然に生まれてくるのです」


あのね、何かを嫌々やっているとね、
「宇宙」は「あぁこの人は、この嫌なことを、嫌々やりたいのね!好きでやってるのね〜」って受け取るんだそうですよ?
(で、改善されない)
じゃぁ、どうしたらいいのかってことですけどアニキいわく
「ああ嫌だ、と思ったとき、嫌なことをしている自分を褒めればいいのです!
嫌なことをしている自分は偉い!とね。
それだけで、自分の宇宙を肯定したことになります。
…(中略)…
肯定できる何かがみつかったら、それをとことん認めることで、心が軽くなります。
すると、周りに感謝できるようになります。
大いなる和が生まれ、魂が喜びます。そして、輝きます」


なーるほどーーーー♪


アランさんのおはなしに出てきた、アフリカの部族の歌の話、
素敵で、おもしろかった……


マウイ島のパワースポットとしては、
イアオ渓谷、ハレアカラ火山、ハナ
が紹介されていました。
これは、行かねば。
posted by しろくま at 00:55| Comment(0) | こんなん読みました^^

2017年03月28日

目と脳の速度

raimbow.jpg
今日の夕方雨が降って、ふと外を見ると虹が♪
肉眼で見るともっと鮮やかだったんですけれどもねー

ところで
今日はうまく書けるかどうかわかりませんけど、やってみます。

先週末、傾聴仲間の「速読」教室にお試し参加してきました。

速読ってねー
以前から興味あったんですけど、だってさー、何倍もの速さで本が読めたら
素敵♪♪ですよね?
もっといっぱい本が読める!

でも、速読は実用書向きであって小説を味わうのには向かない、とかっても聞いてたので、
これまで習ったことがなかったのでした。
でもね、彼女の教室のメソッドは、小説も熟読できる速読、だそうではないですかー

ということで、楽しみに参加してきました。むかーしむかし、大学時代に下宿していたところのすぐ近く。
なんだか懐かしい…

と、それはさておき

45分のレッスンを受けてきました。

なんだかね、わたし半世紀生きてきて、
自分についてあれこれ再発見するとは思わなかったのよ
(うそ。実は、自分をまだまだわかってないとは自覚してたけどさ)

私読むの速かったんです
まぁ、うすうすは自分でも、速いかなとは思ってたんですけど、
一般的にはアベレージ500〜600文字/分なんだって。
初めての場所で、あれこれ気が散りながら、計ってみたら1200〜1300くらいでして
あら。平均の2倍ちょっと。
45分のレッスンが終わったときには(もうあんまり覚えてないんだけど)2000文字越えてました

読書の速さって、
「目の動きの速さからのinputの速さ」+「脳の処理(理解)の速さ」ってかんじですよね?

そういえば…

学生の頃って、筆記テストって時間が余るものだったのよ。
たいてい2回見直してもまだ時間が余る。
よくね、(特に数学?)試験テクニックのひとつに、初めにざっと全体を見て、できるものから解いていく、っていうのがあるっていうじゃないですか(そういえばそう習ったな)
わたしそんなことしたことは一度もなくて、いつもはじめから順番に解いていって
それでも時間が足りなかったことって衝撃だったので覚えてるんだけど
たった一度(高校の数学で、時間のかかった問題があった)

これって、目と脳が速いからなんだって。

そういえば、いまでもよく、
しろくまちゃんはなんでもパッパッと思いついて工夫して早いわ〜〜〜
っていわれることが結構多くて。
へ〜?そうかなーって思っていたけど

その日も、(あとで参加したWSで)参加者アンケートを
ちゃっちゃっと書いて誰より先にパパッと出したりね。

そうか。目と脳がちょっと速いからなのね。
(あと右脳的イメージングがわりと得意)

そうそう、昔はもっと喋るのも速かった。
今みたいにゆっくりになったのは、じつはこれは(子育てを通じて得た)技術なのであります

ともあれ。
だからね、わたし結構勉強は得意で大学もそこそこ難しいよね、っていうとこに行ってたんですけど
でも
自分で頭がいいって思ったことって、ないのであります

まぁみんなわかってるとは思うけど
頭のよさって(いろいろあるとは思うけど)ペーパーテストの出来と違いますやん?

私はたまたま目と脳がちょっと”速かったから、試験は得意だったけど
それってなんていうか、速いだけっていうかさ。速けりゃいいってもんじゃないっていうかさ。

考える力(速さ、は助けにはなるけど本質ではない)や
洞察する力(同上)とかね
そういう本質的な頭のよさ、って… 憧れだし、そういう人を見るとすごいなぁって思う。


まぁね。これだけのことなんですけど
↑に書いた以外でも、来し方の結構なあれもこれも……が ナルホド!!!と腑に落ちた、
おもしろい……っていうか、帰宅したあとになって、あれこれ考えさせられた経験でありました

そうそう、この速読レッスンで開発されるのは、
目の速さ(眼筋の筋トレしてた)と脳の「速さ」だけではないそうな。
ちょっと面白いな。(やってる内容からは、全然先が見えないけど)

posted by しろくま at 22:58| Comment(0) | 日々雑感

LA LA LAND



日曜日からちゅん2が春の野営へ行ってしまったので
(篠山の山ん中まで、テント担いで食材担いで、山越えてわざわざ遠回りして有馬温泉経由で歩いていくそうです…)

オットと二人で映画見に行ってきました^^

初めのシーンから、夢のような現実のような不思議な感じでしたが

オットは
オイオイ(ちょっとうそ)泣いてました。切なかったのねー

二人とも、まさに「夢」を叶えたわけだけど、
っていうか、大切な人の夢を叶えてあげたいと思ってそうしたわけだけど
大切な人と夢を一緒につくっていかなかったっていうか
「夢」と思っていたこと以外にほんとうはかけがえのない大切なものがあったのを、
後になって知ったのだわぁ…



ゴージャスな音楽の数々はこちら↓
CD買いましたが!
posted by しろくま at 21:49| Comment(0) | たまに観る映画のはなし

2017年03月24日

ハミと青い光

今日はいろんなことがあった日だったなぁぁぁぁ

今日のAha!

★ 馬場で……
今日のお相手はおりこーさんのライトちゃん。
だから、って気がするんだけど…

今日は初めて、っていうかたぶん初めて、
手綱の先のハミの手ごたえを、ずっと意識しながら乗れた。

おおおおーーーー!!!

なんかすごいうれしい。

それにしても…
3年目でやっと、ってきもするし

手綱だけじゃなくって
手やら、脚やら、骨盤やら、拳やら、関節という関節をひとつひとつばらばらに
使えないといけない乗馬って難しいなぁ……
って
改めてしみじみしたのでありました。

★ 傾聴療法講座(今日で3年目が終わりました)

授業の最後に、ひとりひとり(数人でしたが)思った事を言う順番が当たって
わたしは…先日の新大阪のWSでしみじみ思ったことを話したんですけど

あのね、ノートの表紙に、忘れないように、
「事柄を聞くのではなくて感情を聴く」
って書いてある にもかかわらず
こないだのWSでようやく、
内容を理解しようとするよりも感情を受け止めるんだ
ってことが腑に落ちたっていうか こういうことかぁぁって分かったんですよねぇ

けどその時は、(クラスでは)ちゃんと説明できなかった気がして
帰りながら車の中であれこれ考えを巡らせていたら

そうかー
感情を理解するために、状況を理解しようとついしていたけれども
そうやって頭を使うくせがわたしにはあるんであって
理解せず、ただ感情をわかろう、受けとめようとすればいいんだってことが分かったんだ……

ってことと

クラスでは、先生の前ではそれをちゃんと説明できなかったけど
でも自分で辿り着いた私すごいじゃん!!って(うぷぷ)

でもさぁ
そうそう、自分で自分をダイジョウブ!って思えないと人のおはなしなんて聞けないよねぇ
なんてちょっとしんどくなりかけましたが

ふと先日の本を思いだして
そうだーわたしたちは、みんな、宇宙からの青い光、愛にしっかりと包まれているんじゃん

って思ったら
ナント 元気出た!
たんじゅーん♪
だけど、これは、うれしい…!!

(今日はなんだかわかりづらい話でスミマセン〜)てへへ

心がしんどくなったら青い光を思いだそう

posted by しろくま at 23:15| Comment(2) | 日々雑感

2017年03月23日

「Dive!! 2〜4」


Dive!! 2 スワンダイブ --- 森絵都/著 講談社 2000
Dive!! 3 SSスペシャル'99 --- 森絵都/著 講談社 2001
Dive!! 4 コンクリート・ドラゴン --- 森絵都/著 講談社 2002

読んだ――♪♪(今朝はちょっと寝不足)

章ごとに、いろんな人が主人公になって話が進むんですけど
私はやっぱり中学生の知季くんとこがいいなぁ 素直でひたむきでかわいいなぁ

「一瞬先のことなんて誰にも分らない。
わずか1.4秒後のことですら」

「美しいものはどこかに繊細さを忍ばせている」


特に4巻なんて、疾走感と盛り上がりがすごかったです

あんまりおもしろいんで、youtubeで高飛び込みの動画見たりしてしまった。
地味だった…
でも わくわくした♪(あんまりなくて、そのあと目についた落馬の動画に走ってしまったけど)




いやーよくできたお話だわ……!!!

そうそう
映画もあるんだって、1巻を読んだあたりでは観てみたいなーっておもってたんだけど
読破後、すっかり興味がなくなっちゃった。
わたしの中でDive!!の世界がすっかりできあがって完結しちゃったのかなぁ
posted by しろくま at 08:24| Comment(0) | こんなん読みました^^

2017年03月21日

「Dive!! 1」


Dive!! 1 前宙返り3回半抱え型 --- 森絵都/著 講談社 2000

児童書好き仲間の友達が教えてくれて
早速借りに生きまして
(このごろは図書館で借りることを覚えましたのよ^^ 賢くなったわ〜〜)
でも先にこれこれを読んでたりして

今日お買い物に行った先でご飯食べながらようやくこれに手を付けましたらば

まぁなーんとおもしろいこと!!!

もう早速読んじゃってさぁ つづきを借りようと勇んで図書館に寄ろうとしたら
今日は休みだった… やっぱり、全巻借りときゃよかったわ。ぶぅぶぅ

これも中学生男子部活ものでーす
今回は高飛び込み競技でーす
やっぱり少年が主人公の話が好きだ!!!!!


森絵都さん、「Colorful」よりずうっと面白い。

桜の幹はゆがんでいる、っていうのが妙に心に残っている。

posted by しろくま at 19:28| Comment(0) | こんなん読みました^^