2018年01月11日

卵がおしえてくれたこと。と、「クオレ」より「ちゃんの看護人」

yakei_S.jpg
小さくて見にくいですけど…

先日、ちゅん2を駅へ迎えに行くのに小学校の横を通ったら
夜景がとってもクリアでキレイで!

車を停めてフロントガラス越しにちょっと撮影。

ところで
今朝の朝日新聞の「折々のことば」が
岡田尊司さんだったので

ああーそうだった!この人の本(ちょっとだけかじって)放置してあった〜

と思いだして
愛着障害の本をまたまた読み始めてみてるのですが

こういうの(幼児期に〇〇が形成される)を読んでいると

まぁ、ちゅん2の愛着形成に関してはわたしは初めから意図してたし結構がんばったっていうか楽しくやってこれたし
我ながらグッジョブ!
っていう思いが実はあるんですけどもそれでもやっぱり

ちょっとした後悔はつきもので
あーあのときはこれできなかったな!!

みたいな。

でも
こんな風に思うときわたしには思いだすひとつの物語があって

たぶん
「クオレ」だったと思うんだけどなぁ
小さい頃よく読んだっけ……(あまり昔すぎてよく思いだせない)

(たぶん)その中に
ある子どもがにわとりの卵をふ化させようとするお話があったのね。
ふ卵器で?一生懸命温めるんだけど

でも後半になって、それまでずっと細心な注意をはらってメモリに気をつけていたのに
ふとした不注意というかなんというか
で、30分くらいとか、ふ卵器の温度が下がってしまったことがあったのね。
その子はそれをとってもとっても後悔して、自分を責めて、
これで卵の中の命が死んでしまったと思い込んで、それでも諦めきれず温めつづけて
……っていうところになるんですけど…

結論から言うと、結局卵は無事に孵ってひなが生まれるんです

親鳥だって、たまには卵を放置してエサを食べに行ったりもするわけで
いつも抱卵温度に保つだけでなく、たまには温度を下げることも
ふ化にとっては必要不可欠なことだったんだ、っていうことを知る
……っていうおはなしなんですけども


要するに

ちょっとした失敗は逆に必要なものなんだって

見た目の完璧さじゃなくって
本当の自然の摂理の完璧さの中には
失敗が含まれているものなんだって

いうことを
このお話が私の人生に教えてくれたんだなーーーって
思うのです(今日は久しぶりに思いだしたな)

で、確かめようとうちにある「クオレ(上)」をごそごそ開いていたら
挿入話(先生が毎月してくれるおはなし)のひとつである
「ちゃんの看護人」(注:“ちゃん”はあれです、しとしとぴっちゃん子守浪人子連れ狼とおんなじやつです)
が目に入ってねぇ

思わず読んでしまったのですが

あー胸にくる鼻がツンとなる目が霞むっ

クオレもう一回読もうかな


ところで卵のはなし。

どうもみあたらないのよね(下巻はわからないけども)
クオレじゃないのかも……

posted by しろくま at 11:22| Comment(0) | 日々雑感

2018年01月09日

「命の水 チェコの民話集」


命の水 チェコの民話集 --- カレル・ヤロミール・エルベン/編 阿部賢一/訳 出久根育/絵 西村書店 2017

去年の10月に出たばかり、で早速図書館から借りてきました。
出久根育さんの絵が素晴らしい〜♪

チェコの民話集といえば

金色の髪のお姫様さま チェコの昔話集 --- カレル・ヤロミール・エルベン/文 木村有子/訳 アルトゥシ・シャイネル/絵 岩波書店 2012

と著者が同じで収録されているお話も結構かぶっているんだけれども

出久根マジックか…? あと翻訳もこっち(命の水)の方が読みやすくって
(ちょっとどうかなと思うところもあるけどさ。)

おもしろかった。

「カエルの王女さま」が、お気に入り♪でも
語ろうと思ったら、早口バージョンでも25分かかるのだわ。むむ...



美しい、素敵な、本です


いいなぁ、チェコ。


posted by しろくま at 18:57| Comment(0) | こんなん読みました^^

2018年01月06日

"Spook's: The Dark Army"


Spook's: The Dark Army --- Joseph Delaney, Red Fox, 2016

お正月の疲れが出たのか、昨日は急に調子悪くなって吐きまくって寝込み
一晩明けて体調はずいぶんよくなったけど
今日ものんびりゆっくりしています。あーあ 
でもこんな感じののんびり具合が、本来のお正月かも。

シリーズのA New Darkness の続編。
この後勇んで読み始めたんだけどさぁ
1/4ほど読んでしばらく中断

年末年始、そうだそうだと思い出してまた読み始めて
今年初めて読み終えた本になりました。

なんかさー
相変わらず面白いんだけどさー
ちょっと中だるみ? Old Godsの一人冬の神Golgothとの対決もなんだか
ご都合主義な気もするし(主人公グループみんな無事)
そもそもこの巻でまだまだこの事件が終わらない「続く」だし。
新しいapprenticeのJennyも、なんだか生意気でわがままで気に入らないし。

けど
すっかり成長した(でもまだ4年くらいしか経っていないのよねー?)Tomが立派で
"Kratch!"って叫ぶところなんってカッコよかったわー

で、勢いで次の巻"The Dark Assassin"を買ってしまったんですけど
届いちゃってから気づいた。これ、もう持ってるし!Σ(゚д゚lll)
(いつもAmazonで買ってるのに…いついつ買いましたってメッセージ出なかったぁぁ)

あーあ。この本どなたかに差し上げたいわ
このシリーズみんな読んでて次この巻を読みたいなんって人いるかしら。

posted by しろくま at 13:16| Comment(0) | こんなん読みました^^

2018年01月03日

御降りの虹

osagari_s.jpg
あけましておめでとうございます。

今朝起きてリビングから外をみましたら、
ベランダの手すりに(雨か雪が降ったようで)水滴が並んでついていて、
この写真じゃ残念ながらよくわからないんですけれども
見る角度によって一つ一つが赤に光ったり緑に光ったり。

朝日をプリズムのように通して虹をつくってくれていたんですね

3が日の降水をさして“御降り(おさがり)”という美しい季語があるそうです
(“木漏れ日”と同じくらいキレイ。)

御降りの虹ね……
なんだか新年早々素敵なことがありそうな、ワクワクした気持ちになりました
(今日はこの後結構雪が降りました。久しぶりに寒い一日でした)

元日は近くの神社に参拝して、おみくじを引きました。

6月末の夏越の大祓の時に、神主さんが教えてくださった参拝の時の唱え言葉があるんですけど
わたし祝詞みたいなものはちょっと覚えられないかなぁと思いますが
この唱え言葉なら!とありがたくいただいて帰ったのに

その後ずいぶん忘れてしまって

あれなんだったっけかなぁ……
覚えていたのは
「○○たまえ 浄めたまえ 〇〇たまえ 幸(さきわ)えたまえ」で、〇のところが虫食い...
(前半だけでもいいそうです)

その後ずっと気になっていたのですが
(ま、その気になれば調べられたものを)

なんとこの前半が。元日に引いたおみくじに。書いてありました

あーーーあらためて、くださった。
と感謝しつつ
もう忘れません!(と、言っちゃう)


祓いたまえ 浄めたまえ

そして

神(かむ)ながら 守りたまい 幸(さきわえ)たまえ



本年もどうぞよろしくお願いいたします。よい年になりますよう。

posted by しろくま at 23:23| Comment(0) | 日々雑感

2017年12月29日

洞察がレンコンだった

rainbow.jpg
冬になると、太陽が低くなって
窓際に吊るしたサンキャッチャーからの虹がとってもきれいに壁に映ります

ですが今回の主役はこの(隅っこの)レンコンでありまして……

年末の3日間、
コネクションプラクティスのセミナーに行っていました
5月に初めて受けましたけれども
今回はファシリテーター(講師と受講者さんのサポート)として…

(でも、もう一度セミナーを受けたような感じなのだ)


ありがたくも更に学びが深まったような気がしてますが
(だいたいね、一回じゃ腑に落ちないわよね。だっててんこ盛りだもの。何度受けてもいいものだって聞いたけどそれよくわかる〜)

コネクションプラクティスの2本の柱である
「共感」と「洞察」
毎日少しでもやることにしました

で、
昨日です。

あのね
わたし、強権的にものをいう(ことがある)オットにちょっとやだなーって思っていたのだわ。
でもさ
セミナー中にこのこと(オットの件)に関して共感して
(注:ここでいう「共感」は、コネプラのテクニックを使った“自己&他者共感”です。
傾聴療法の先生にはそんなんは共感とは呼ばない!って怒られそうな気もするけども
でも実際有効なのだわこれが。だしいいじゃん!ということで)

そういえば、と気がついたのは

わたしも、そういうときあるじゃん。
っていうか、だいたい「多数決で物事を決める」っていうのも概ねそういうことよね。
少数者の声を結果的に抑え込むやり方。


このことに疑問を持たず無意識に受け入れていた自分、のことを
「共感&洞察」 --- empathy and insight --- 自分と、(相手のいる場合)相手にしっかり共感して、
そして洞察を得るプロセスを行う --- をしてみました。

そしたらね。
秒で浮かんだのが「レンコン」の映像。(これがその時私に下りてきた“洞察”)

え……   レンコン…… ????



って首をひねってたんだけど
そのうち




って
その意味が分かりました


(ちなみに、わたしの好物です)


身のつまった部分と
(すっと通った)空間の部分と
両方が大切で必要


っていう意味なんだな
だから素敵でおいしいんだな(しかも美しい花が咲く!)
多数の意見でみっちりつまったレンコンなんておいしくなーい


じーんとした。
やっぱ洞察すごい(そしていつも結構おちゃめなのでありました)

posted by しろくま at 18:52| Comment(0) | Feeling and Needs

「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」


マイケル・ムーアの世界侵略のススメ --- マイケル・ムーア/監督 アメリカ 2015

今youtubeでもamazonでも観れるのねぇ〜
ともあれ
DVDも安かったので買ってあって、先日ようやく観れました

おもしろい。おもしろかった。
タイトルじゃよくわかんないけど要するに
アメリカに必要と思われるいいアイディアや取り組みを、
各国に行ったマイケル・ムーアが話を聞いて、
「これもーらい!!」って“強奪”してくるってわけです
(だから「世界侵略」( ̄m ̄〃))


たくさんの国が出てきますが

やっぱり印象的なのは
フィンランドの教育や
ポルトガルの薬物対策
ノルウェイの刑務所なんてのも おおー!でした

どの国も、最初からこうだったわけではなくて
国をよくしようと考えて知恵を絞って努力した結果だった。

でもね。
一番心に響いたのは
アイスランドの女性経営者の最後の言葉だったわ

わたしは、たとえお金をもらっても、アメリカに住むのはまっぴらです。
あんなに困っている人がいて、家のない人、病院に行けない人、教育を受けられない子ども達…
がいるのに、家に帰って幸せな気持ちになるなんてありえない

(みたいなことをおっしゃっていました)
監督ちょっとたじたじになっていた。


ここでみれるかな?(観れませんでした)



日本でも
できるんじゃない?
posted by しろくま at 18:29| Comment(0) | たまに観る映画のはなし

2017年12月20日

「流れ行く者」


流れ行く者〜守り人短編集〜 --- 上橋菜穂子/著 偕成社 2008

ううむ。なんだか我慢できずこれも読んでしまった。

(ははは 前にもおんなじこと言ってる)(* ̄m ̄)

短編が4つ、収録されてますが
中でもこの本のタイトルにもなっている、「流れ行く者」

ジグロの想いが切なくて、泣けますねー…



あーすてき
posted by しろくま at 10:59| Comment(0) | こんなん読みました^^

2017年12月19日

「闇の守り人」「虚空の旅人」「蒼路の旅人」「天と地の守り人(1)(2)(3)」


闇の守り人 --- 上橋菜穂子/著 偕成社 2006


虚空の旅人 --- 上橋菜穂子/著 偕成社 2007



蒼路の旅人 --- 上橋菜穂子/著 偕成社 2008

  
天と地の守り人(一)〜(三) --- 上橋菜穂子/著 偕成社 2008

今NHKのドラマで「精霊の守り人」をやっているでしょう
原作好きとしては
ストーリーもキャストもなんだか気に入らないんだけれども
(ただジンとチキサの人は好き♪)

あの映像はすごいね!!セットとか 背景とか……

で、また読みたくなって

シリーズの中で好きな巻だけ読んでみた。
(チャグムの冒険の巻ばっかり^^)
6冊イッキ読み。
お習字も書かないといけないし絵本学講座のレポートもあったし
なんだか忙しいんだけども
それとこれとは別なのだ。(* ̄m ̄) きっと後でバタバタすると思うけどねっ


あーーーー
おもしろかった♪♪

なかでも、ヒュウゴの最後のセリフが好きだなぁー


読んだの何度目だろうね?
堪能いたしました。


posted by しろくま at 21:32| Comment(0) | こんなん読みました^^

2017年12月09日

the空馬ポルトフィーノ


第33回エリザベス女王杯(2008)

馬は好きですが競馬はとくに好きなわけではなく
むかーーーーし競馬ブームがきてた時に、会社の友人たちと観に行ったことが一度あるくらい。

ですが
この子は… 
5番の、ポルトフィーノってお馬さんですけど

スタートして最初の一歩で騎手(武豊)が落馬
自分の足を踏んづけたとかで盛大に躓いたのね?

そのあと鞍上空のままずーーっと一緒に走って、
最後もコースアウトせずにみんなのところに戻ってきて元気に走って
じつは一着でゴールイン。

落馬したら失格になるからカメラもアナウンスもこの子が走っているのをもちろん全く無視で
放送が進むのもシュールですし

でもちょいちょい画面の端っこに映っているのがなんとも
かわいいというか。
いじらしいというか。

youtubeで何度もみちゃいます〜〜〜♪♪


ああこういうのだったら競馬場で生で観たい。(落馬は本当にお気の毒ですけども…)
事故もなく馬も騎手も無事だったしよかったよね。
まぁ賭けてないからのんきに言っておりますね
posted by しろくま at 16:02| Comment(0) | 馬とわたし

「つくることばいきることば」


つくることばいきることば --- 永井一正/文・絵 六曜社 2012

で、会場で図録(素晴らしく美しい)と、この本を買ってきた。

永井さんの銅版画が奇数ページに、その思想(金言!)が偶数ページに(概ねね)書かれています。

「奥に隠された命に触るようなもの、
それがない限りは『ときめき』は絶対に起こり得ない」

「嬉しくても、悲しくても、憤っていても、
心が大きく動いていなければ
いきいきとすることができない」

「本当にやりたいことは
熱があるから伝わりやすい」

「末梢神経を刺激するものが多くなっている。
そこに気持ち良さはあっても、心には響かない」



「自分に課題を出し続けること。
それが私の生きる糧になっている」

「もう駄目ではないかと何度も思ってきた。
しかし、希望を求め続ける心だけが自分を支えてきた。
限界は自分でつくるもので、
求め続ける限り限界はないと思う」


これがこの方のあの多彩な…… 進化し続ける作品を生んでいるのだなぁ


「綺麗に咲く花を美しいと感じる心。
もし美を基本とした秩序が生まれたら
美しい社会になるだろう」

これは
「美」の定義をもたなければならないわね。


でもこの本
表紙をぱっと眺めると つい

「ばるばる」

と読んでしまう…… ( ̄m ̄〃)
posted by しろくま at 15:06| Comment(0) | こんなん読みました^^