2021年03月29日

This is interesting.

9CF0CC7F-E5F9-4E04-99AD-AA6A3DF22E33.jpeg
これは図書館の入り口に咲いてた。
綺麗ねーえ!
春です

ところで
先日、bodytalkの練習会に行ってきました。
わたしはまだ、たいして勉強もしてなくて、練習もまだまだ始めたばかりなんですけれども

2人1組でclient役と施術者役と交代して練習していたら。
わたしが施術していた時

「その他のシステム」っていうところに導かれて
聞いていったら(筋反射でクライアントのinnate wisdomに尋ねます)
「ホメオパシー」で

この「その他のシステム」っていうのは
施術者ごとに、これまでの人生で身につけてきたことや技術〜できること〜が違うから
その人のできることをbodytalkの施術に活かせる
っていうなんともまぁ画期的な部分なんであります

こういう賢いところが好き〜!
(まぁ賢いのはinnate wisdomなんですが)

で、それから
特定のレメディーに導かれ
でも
それを実際に使う、ということじゃなくて(そういう時もあるのかもしれないけどさ)
その情報をわたしが認識することが施術の助けになるということみたいで


面白かった。

すごーく


あ、そうそう
Client役になった時
(あんまり詳しく聞いてないんだけど)
「麻酔の毒」っていうのが出てきてました。
まだ、残ってたんじゃないかな。全身麻酔だったしさ。おなかのとき
posted by しろくま at 21:27| Comment(0) | Bodytalk

2020年11月19日

左膝はもうすっかり良くなりました


今日はほんと暖かいですねぇー^^
青空に紅葉が映えて、幸せを感じるほどきれいです。

さて
3月末だったか山登り(降り)で膝を痛めてから
いろんな治療を試しました

やっと、すっかり、治ったと思う!

先日↑ご報告した通り
1番良かったのは、ピラティスでわたしの足首と足裏の使い方を指摘してくださったからだと思ってますけど

その後でダメ押しの気づきがありましたので
忘れないうちに書いておきます!


先日、やっとbodytalkの基礎コースを受けてきました。

毎日みっちり4日間。

すごーく刺激的でしたが
それはまた改めてご紹介するとして



「傷」っていう項目があったんです。


講習では、たくさんの学習項目がある中で折々に
デモセッションを先生が見せて解説してくださるんですけれども

「傷」ではわたしがクライアント役になりました。

受講生の中からクライアント役を選ぶのは、毎回くじ引きです。

で、このクラスでわたしに「傷」のデモが当たったのは
すごいです
だって体に傷いっぱいあるんだもの

去年手首を2回手術して、それにあとお腹も切りましたからねー

それに
ちょうどその1週間くらい前から、
手首の傷の周りを押すと痛くて、お風呂の中で揉みほぐしたりと
気になっていたところだったのでした。


で、詳しいことは端折りますが

わたし、気がついたのは、
「右手首の相互部位は左足首」
ってことです。

相互部位っていうのは、bodytalkの概念で、(accessっていうセルフケアでも習って使いますが)

基礎コースで習ったのは
「相互部位は、お互いの情報を持っている」


つまり、わたしの右手首は、左足首を治すための情報を持っている、っていうことです。
(多分不具合の情報も持っているんだと思う)

デモセッションで浮かび上がったのは、わたしの右手首の手術痕の方でした。
まぁね、お腹のほうが手術は大変だったけど、手首は2回切ってるしね?

手首の傷が硬くなって、ちゃんと治っていないということで
それを施術(バランスを取る)してくださったんですけども


その時は言いませんでしたが
左膝が痛かったのは、左足首に問題があったからでした。


右手首と左足首。

相互部位でした

右手首がちゃんと治っていなかったので
左足首に問題が生じていたんじゃないのかなぁ


これが11月の初めでした。


今左膝は何の問題もないです。

なんか色々とすごくない?

わたしをデモセッションのモデルケースに選んだのもinnate wisdomでしょうか

posted by しろくま at 11:38| Comment(0) | Bodytalk

2020年07月23日

また、bodytalkセッションに行ってきました

skyscape20200712.jpg
7月12日の雲。なんか、どっきり。

さて、今日はbodytalkのセッションに行ってきました。
受けるのは、3回目。
bodytalkは先日セルフケアの講座に行って、そのパワフルさにびっくり!したところ。

思えばさー
一見拍子抜けするような「これ?」っていうような手技で
わたしのカラダさんは、コイツ(ってわたしのことね)〜ここらでちょっとすごいとこみせとかないと、
bodytalkバカにしよるな
とかって
思ったんじゃぁないかなぁって気がしてます^^

カラダさんといいますか、広義の自分といいますか、無意識領域の自分といいますかbody intelligenceといいますか
このひと、結構ユーモアあるよね〜
ってこの頃すごく思う。

さて今日のセッションは、解決したいことや気になっていることを敢えて一切お話せず
セッションしてもらいました
そしたら
わたしのカラダさんは、骨盤まわり…腹横筋や腎臓や尿道や生殖器や…
の調整を出してきよりました。

コレ、わたし的にはタイミングも含めて、なるほど〜なのであります
4スタンス習ったばかりだし
あと、ウエストのくびれが何より欲しいわたしは、腹横筋が最初に出てきたとき( ̄m ̄〃)ってなりました

おもしろかった〜!

とはいえいつもafterの変化、的なもの全然気がつかないんだけどな。
なんか感じられるともっと楽しいのになぁ
posted by しろくま at 22:08| Comment(0) | Bodytalk

2020年06月03日

bodytalkと骨折後の手首

snail.jpg
梅雨が近いですねぇ
空気中にもなんというかなんともいえないお湿りが...

ところで

bodytalkの1日セミナーに行ってきました。

セルフケアっていうか、自分で自分にできる簡単なやり方(bodytalk accessといいます)を習いました。

bodytalk自体は、3月に初めて不思議なご縁があってセッションを受けて
3月、4月と2回受けたかな
それぞれ、とても不思議だったんだけど……(でもよくわかってない)

今回のセミナー後、ちょっとおもしろいことがあったのでおはなししますね。


セミナーでひとしきり実習もしてね。
(自分で自分にできるプロトコルがある)

家に帰ってごはんたべて、みんなでテレビ見て
さーて夜ヨガはじめよ、ってマットに手をついたら、右手首が痛かった。

痛くて右手を下につけなかった。

あれ?
特に親指側が痛くて、気になった。
これ、骨折して手術したとこ……
なんか、悪化したのかな?と、不安になった。

今日習ったばかりのプロトコルの中に、
access fast-aidっていうのがあったので、これだこれだと思って
早速やってみました。

2周半くらいやったら、痛みはずいぶん軽くなって、プランク(両手と足先をマットについて体をまっすぐにする)できた。
さっきは下につくだけでも痛くて、とても体重をかけるなんてできなかったの。
でも引いたとはいえ、やっぱり痛みは残ってた。

accessすごいんじゃない?
とも思ったけど
そもそも、すぐに引く痛みだったんじゃない?
って半信半疑な気持ちもあって。


で、次の日。

accessのベーシックなプロトコルは毎日一度、1か月間やりましょうってことだったので
次の日のお昼、思い出してやってました。

もう終盤に入ったところで
急にこんどは、左の手首に痛みが走りました。
そのまま続けていたら、これは1分もしないで消えました。
これは完全に消えた。

そのとき、ふと思いました。
右手は骨折がひどくて、ボルトでつなぐ手術とボルトをとる手術、2回したのです
左はずれていなかったので、つながるまでギプスで固定してました。
わたしの手首は、どちらもストレスを受けたけど、
右手の方がずっとひどかったのです。


そのときの、ストレスが
手首からでて、去っていったのかも。

what do you think ?

これまで受けた2回のセッションでは、こんなことはなかったんだけどね。
自分でやってみたときにこれが起こるの?


bodytalk accessは、
えーこんなのがぁ???
って思ってしまうくらい簡単な手技なんですけど
脳と「体内の機能全体と相互コミュニケーションを高め」
「体が自らのシステムをバランスしなおすのを手伝う」エネルギー療法なんだそうです。

bodytalkおもしろい。
秋口からもっと詳しいセミナーがあるので、
習ってきます〜
posted by しろくま at 20:18| Comment(0) | Bodytalk