2013年06月20日

"Japan's Best 'Short Letters to Dad' "


Japan's Best "Short Letters to Dad"--the best 51 letters ---- Maruoka-cho Cultural Foundation, Taikosha Publishing Co., Ltd.


この本と一緒に中学校の図書館からお借りしてきました。
福井県丸岡町の「一筆啓上賞」〜世界で一番短い手紙〜の
1996年(お題が「父への手紙」だったのね)の入選作集です

日英対訳で、51掲載作品の中に英語部門の入選作も13通あります

いやー こう言うのには弱いなぁ
胸をうたれます
本で読むと(見開きに1通、左ページに英語、右ページに日本語。)
webで読むより断然感動が大きいです


ふしぎなのは
原文の日本語で読むほうがぐっとくる手紙と
英語に訳したものの方が心をうつ手紙とがあることです

ちょっと言葉を補ってあったり…
よりシャープな言葉になっていたり
(動詞が必ず入るしね)
するからかも


たとえばこれとか…

"Dad,
Maybe, though we don't seem to have a lot in common,
We have a lot in common.
--- Yukari Morinaga (F.15)"

"Visiting Dad's grave,
Mom never seems to want to leave.
Even death cannot come between them.
--- Sayuri Muraoka (F.27)"

"Dad, do you remember me?
I remember what you smelled like.
--- Yuri Oura (F.14)"



日本語がいいなぁ!と思うのはこれとか。

「お父さん、
お父さんがねると、かいじゅうが出てきて、
ぼくねむれないよ。
--- 大林佑生(男性・9歳)」

「母からくる 電話の向こうでうがいする
ガラガラという音で元気だと分かります
--- 宮本亜津抄(女性・26歳)」

「お父さんのあぐらの中って
あたたかいのでしょうね。
一度すわってみたかった。
--- 藤井梅子(女性・65歳)」

「父さんとケンカした夜に泣きました。
勝ってしまったから泣きました。
--- 石井洋三(男性・22歳)」



本当はもっとあるけど^^


読んで一番うれしかったのはこれです↓

"You called me Arete -
'Excellence', in Greek - and
with that loving gesture
gave me the precious gifts of confidence, esteem, value,
and a happy heart!
--- Ardys V. Eserhut (M.75)"



いやー子育てはこうありたいわ。ありがとうございます…


posted by しろくま at 14:51| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: