2013年05月08日

「霧のむこうのふしぎな町」


霧のむこうのふしぎな町 --- 柏葉幸子/作 講談社

この頃、特にですけど
読みっぱなしの本が多い…常時、3冊くらいは並行して読んだりする癖があるわたしですが

今机周りに本がいっぱい。優に10冊は越えて、ちょこっと読んで置いてある...むむむ

そんな中でこれは児童文学で軽いし、すぐ読めるし、で
すっきりさっぱり読み終わった一冊となりました

ジブリアニメの「千と千尋…」は、この物語を参考にしたとかしてないとか
同じく「耳をすませば」作中で少年がこの本を読んでるとか読んでないとか^^


たしかに、

たぶん一人っ子らしい、家のお手伝いもろくにしてなさそうな現代っ子のリナちゃんが
魔法の町に来て、
初めてひとりで外の人(ほんの小さい町なんだけどね)と向かい合って、「仕事」(っていうかお手伝いだけどさ。)らしきものをして…

逞しくなっていく様子がほほえましくて
こんな夏休みをわたしも送ってみたかったなぁ


「でも、欠点のない人間ほどつまらねえものもねえんでさ」っていう
コックのジョンの言葉と

「おもちゃをつくるときは、子どもの心にならなくちゃ、子どもの楽しむものはつくれないんだよ」
と言いながらぼりぼりお菓子を食べまくるおもちゃ職人マンデーの言葉が
心に残りました

あとこの町の素敵なたたずまいとね!


小学校4年生の夏に読む、って感じの本でしょうか


posted by しろくま at 09:54| Comment(0) | こどもの本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: