2013年04月02日

「図南の翼」


図南の翼 〈十二国記〉--- 小野不由美 講談社X文庫ホワイトハート

やっと昨日(月曜日)に郵便でこの本(とあと3冊heart05-002anime.gif)が届いて

実は土日やはり待てなくてあてもなくググってましたら
「漂舶」「丕緒の鳥」「落照の獄」っていう短編3篇をネット上に見つけまして
嬉々として読んでおりました(でも最後のやつは深夜に読むにはちょっとコワイかも)

十二国記のEpisode5になるのかなぁ、この巻は
ほら「風の万里〜」で祥瓊に辛辣なことを言ったでしょう
あの痛快な少女王、珠晶がいかにして王になったか

の物語です

この巻以降はまだ新潮文庫で出ていないのでね、
旧版の講談社文庫(ヤングアダルト向けのやつ)で読みました

まだ12歳、利発で、行動力があり、言いたいことを言い放題、な珠晶が、
実はとても孤独だったんだなぁって最後になってしみじみ思うのよね

過酷な旅をしながら、だんだん王の器になっていくのも面白く。


わたしはおおむね主人公は少年が好きだけど
こういうヒロインなら大好きだわー



posted by しろくま at 14:36| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: