2013年03月04日

「炎路を行く者」 「『守り人』のすべて」



炎路を行く者―守り人作品集― --- 上橋菜穂子/作 偕成社


「天と地の守り人」三部作
で登場した、ふしぎな異国人ヒュウゴ。

侵略者タルシュ帝国の者なのに…もっと大きい志で動いているような。

少年の頃、彼を襲った過酷な運命と
その中で生きてきた彼の物語がこの「炎路を行く者」です。

それと、
巻末に短いけど、バルサの15歳のころのおはなし「十五の我には」も。
本編ではあまり描かれなかった、養父ジグロの人となりが読めて
教養高い、素敵な人だったんだなぁと改めて思います。

このシリーズの登場人物は、なんて多彩で奥深いのでしょうねぇ


昨日も書きました
この挿絵の方の、スケッチ風のイラストは好き。
とくに、「炎路を行く者」巻頭にある、ヒュウゴの子どもの頃のイラスト、
なんともステキすぎて何度も眺めてしまいます^^



ついでにこれも読みました

「守り人」のすべて〜守り人シリーズ完全ガイド --- 上橋菜穂子/著 偕成社編集部/編 偕成社

これはまぁ、キャラブックみたいな。
5ヶ国語に翻訳されているシリーズの紹介などもありましたが
わたしとしては、詳しい地図を、載せてほしかったなぁ。

巻末に、夫と妻となったタンダとバルサの日常が描かれた短編があって
ほっこりします。


…さぁこれで、マイ「守り人」ブームも一段落。(たぶん)

バルサや、チャグムや、そのほかたくさんの登場人物の生き方に
逃げない」ことを学んだ気がします。なんかね。




次は
新刊の、「ソニン」続編を読むことにしまーす♪たのしみ〜〜〜♪

posted by しろくま at 09:08| Comment(0) | こどもの本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: