2013年02月12日

「14歳の子をもつ親たちへ」


14歳の子をもつ親たちへ --- 内田樹・名越康文(対談) 新潮新書


先日の、「思春期について」講座の中で
先生が紹介されていた本です


このお二人(大学の先生と精神科医)がなんとも個性的でね
面白かったんですけど一般的な14歳についての話になっているのかどうかはよくわかんない
とはいえ
自分の思春期だったろう頃を結構思い出しながら読んでました

読了後連休を挟んじゃったので、新鮮な感動を若干忘れてしまってて
いま拾い読みしながら感想を書いてます


● 「最終的に攻撃性を抑制するのは身体」

「身体よりも脳の方が攻撃的」
それはそうだろうなと思いますが
身体は、その脳の攻撃性を抑制する働きをしているそうです
そうねぇ、反応の現実化に時間がかかるのも身体性の方だし
でもそれだけじゃないのはよくわかる気がする

身体の記憶みたいなものがあって、それが脳とは違う体系で動いているっていうか?

今、子どもたちに身体を使った遊び(や、仕事…)の体験が昔よりずっと少ないのも
こういう点でも心配ですよね。
足使って体使って、特に小さい頃はそういう生活をしようよー


● 「子どもたちが置かれる集団っていうのは、均質性が高くなればなるほど住みにくくなるに決まってるんです」

「なのに、今の親たちはどんどん均質性の高い集団に子どもを送り込もうとするでしょう
…」
と、続きます

一度、(私は経験がないので)どんなものなんだろうと思って
「中学受験」の説明会に行ってみたことがあります
午前中が講義で午後が各中学校ブースを巡る説明会みたいな
(講義だけ聞いて帰ってきた)

その時、お話された先生は(どなたか忘れましたが)お話自体は結構まとも(失礼)っていうか意外と良識的っていうか(もっと失礼!)納得できることをおっしゃっていたのですけど
でも
私立中学に進ませるメリット、というところで
「悪い子がいません…私立学校は退学させることができますから」
っておっしゃったのが記憶に残っています

へぇ〜〜〜
(そういうのが切実なところも中にはあるのかもしれませんね)

でも
いろんなこと知り合っていろんな体験(プチ社会体験)ができなくないですかっても思いました
(「ワルイお友達の影響」みたいのを排除したいんでしょうかね。親心としては。たぶん。)

そういうニーズがあるんだぁ

私立の女子中学校なんて結構万引きとか級友のものを盗んで隠したりとか
あるそうですけれどもね
そういうのって均質に近い社会ゆえなような気がしませんか
(あとストレス?)


● 「早熟さってステレオタイプですからね」

前にも書いたっけ?
TVで小学生の通う塾で子どもたちにインタビューしてて
物知り顔の子どもが「今はデフレなんで…インフレになったらいいと思います」
なんて言ってました( ´艸`)

あーつまんない

(早熟っていろんな分野があるから、これはたまたまの一例ですけれども)

名越先生は
「都市の身体性の崩壊とか、自分自身の身体を実感できないこととか、繊細なコミュニケーションを排除した上で今の社会が成り立っていることも、これにつながっている」
とおっしゃっています


● 問題を解く

「『答えがあると思っているうちは駄目なんだ』…(中略)
問題の構造が見えなくなりますね。単純化しちゃうから。解ける問題だけを選んで、解けない問題を排除しますから」


1カ月くらい前だったかなと思うんですけど
朝日新聞のオピニオンのページに、
なんで受験エリートが外交問題を処理できないのか
みたいな話をいらっしゃった方がありました

オットと「これおもしろいね〜」って読んでたんですけど

曰く
受験エリートとして訓練される能力の大きなものの一つに
「(試験に際して)すばやく全体を見て、解ける問題と解けない問題を弁別して、
解ける問題に注力して解けない問題を捨てる」
っていう技術があるんだそうです

あーそういえば
四半世紀前に高校の先生がそんなこと言ってたっけなぁ(遠い記憶)
特に数学ね

わたし自身は難問を「見切る」ことはあんまりなくって
解けるものから取り組みましたが残りの時間のある限り手に余る方の問題と格闘していた記憶があります(大体テストって時間余るもんね)


まぁこの方の説がある程度本当だとしたら
いやですねぇ
ペーパーテストならいざ知らず
人間社会における「問題」ってのは解くためにあるんですから

外交問題も逃げずに解決してほしいし
でも私たち自身も
いやだーとかあの人がーとか愚痴を言わずに逃げずに工夫して
取り組んでいきたいものだと自らを反省いたしました


…にしたって
教育が、やっぱりね、人生における生きる姿勢に対しても与える影響って
大きいんですよね…


(なんだか本の感想のようなそうでもないような。)






posted by しろくま at 11:53| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: