2012年11月01日

「エドガー・ケイシーが教える夢のメッセージ」

setouchi201210.jpg


先日、エドガーケイシー療法のセミナーがたまたま新大阪であったので
出かけてきました<初!>

先週から、「ひまし油湿布」を、オットにしているのです
(オットには、髪の毛が増えるかも!?って宣伝中( ´艸`))

ケイシー療法は、以前から名前くらいは…存じていたのですけれども
なんかこの頃になって急に試してみたくなり。ま、これもご縁かなと^^


午前中用事があって、ごはん食べる暇がなくって
そのまま(巻きずしだけ買って)午後のセミナー会場に向かいました
セミナー自体は4時間くらいのものだったのですが…


途中から
急に調子が悪くなり(わたし)、すごい眠気が来たり、冷や汗が出たり、
吐き気が来たり

(ナニコレ!?)

いやね、巻きずしと寝不足のせいかもしれないんですけども…
なーんかこのあたりのエネルギーに影響されたかもと思ったり(不明)
あまり人のせいにしてはいけませんが
なんか調子狂ったんでしょうかね

お話はとても面白かったので、最後まで聞きたい気持ちでいっぱいでしたが
ときどき部屋を出て深呼吸したり廊下の椅子に横になったりしながら
やっぱり「あと5分」が我慢できなくって閉会の5分前に帰りました
駅までやっとのことでふらふらと…(へんなの〜!)


前半はガン・心臓病・脳卒中など脳関連の病気・肺炎・糖尿病・関節炎
と、日本人の死因の上位に入っている病気からはじまるエドガーケイシー療法のおはなしで

後半はケイシー的夢解釈のお話でした

ケイシー療法は本がさまざまたくさん出ているので
あれですかね?本を読んでも分かる感じの講座だったのかどうか分かりませんが
初心者のわたしにはダイジェスト的でありがたい内容だったと思います


とくにね(上記のとおりところどころ聞きもらしはありますが)

夢の話が面白かったなぁ

夢ってね

自分(これがほとんど)もしくは自分の近い身内の精神状態や身体のこと、
仕事や学業のこと・・・
について、
心の一番奥底の、超意識っていうか、魂っていうか…
が、シグナルやメッセージをくれる通路♪のようなんですよ

「人生で重要なことを経験する前には、必ずあらかじめ夢で知らせがある」

んだそうでございますよ
すごくない!?


ソレデ、自分の姿を夢に見る…っていうか、出てきた人も、物も、たいていの場合は
自分の姿の投影なのだそうな。


それにね、人生で何か迷った時、
「Aですか?Bですか?」っていうのではなくて

「自分はこうしたいと思うけれどそれでいいか?」って決めて
寝る前にそのことを考えて寝ると…


夢の形で(自分の超意識が)メッセージをくれたりもするそうですよ

すごいわぁ


昔々、夢日記をつけてたことがあるんですけど(てれ)
(今はもう全然やってないけど)
夢をクリアに受け取るためにはいいことなんですよね

あと私の経験なんですけど、
瞑想の習慣があるときの方が、面白い夢をたくさん見た気がします
(わたしの場合、どう考えても前世っぽい夢とか…)



夢解釈の本はいろいろ出ていますが(わたしも何冊も持ってマス〜汗)
先生のおススメはこれ↓だとのことでした

エドガー・ケイシーが教える夢のメッセージ --- 坂内慶子/著 PHP出版

そして

大切なのは、「行動に移すこと」だそうです

「夢は常に行動と対になってその真価を発揮します」
(本書より)


この本には、夢に出てくるいイメージの解釈が載っていますが、
夢自体を読み解く方法については記載がないので
(セミナーでちょこっと習いましたが)
それについては別の本なりが必要になると思いますv






posted by しろくま at 11:37| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: