2012年10月23日

"little blue and little yellow"


little blue and little yellow --- Leo Lionni

たくさんの美しい絵本(絵本だけじゃないけど)を描いている、レオ・レオーニ。

邦訳は

「あおくんときいろちゃん」というタイトルです。

すごく美しくて、しかも人間を表現して深い…とびきり素敵な絵本なのだけれど
読むとなーんだか微妙に好きじゃなくって

それは

訳すると男の子と女の子になってしまうからなんだなー


パパとママに分かってもらえなかった二人は泣きすぎて"they were all tears"

全身散り散りの涙になってしまったふたりが
"they finally pulled themselves together"すると文字通りまた「自分」っていう塊になって
( ´艸`)


英語で読むと爽快でwittyで大変よろしい。(←エラソウ)

little yellowの性別も最後まで分からないまま〜^^

ま、どっちでもいいんだけどね。
どっちにも読めるこっちの方がずっと好き。



posted by しろくま at 16:13| Comment(0) | 絵本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: