2012年09月12日

オペラ「ちゃんちき」

<---クリックで拡大します
ご縁がありまして、少し前ですが、
オペラ「ちゃんちき」を家族で観てきました

オペラといえば…
イタリアのラブコメもの…しか観たことが(たぶん)なかったもんですから

今回の「ちゃんちき」は和モノで、しかも
狂言の茂山千三郎さんが演出をされたということで

役者の仕草もね、すり足だったり腰を落としたあの姿勢…だったり

舞台も、シンプルで大きな月が背景にかかっていたり
(美!)

衣装もすてきでしたし

美しかったですよ〜〜

ストーリーも面白くて飽きなくてね。

カワウソのお父さんがキャラ立ってて可笑しかった
(わたしは1日目をみました)


横で観ていたちゅん2が
「あ、この話知ってる!『ママお話きかせて』にのってた!」

というではありませんか

…そうだっけ??…


うちに帰って見せてもらったらね
たしかに

のなかの
「きつねとかわうそ」っていう昔話でした。

さすがー 熟読してるだけのことはあるわ( ´艸`)ちゅん2…
(ママが聞かせてないっつーの)


もちろん、脚色はされてまして
より「子を思う親の気持ち」が心をうつ物語になってましたけれど。



子どもも十分楽しめるお話で、
こういうオペラもすごくいいなぁーって思いました。

ホワイエで販売されてた、堺の地元のお菓子やサンドイッチも
美味でした♪♪
(いやーカツサンドマジ美味しかったですよ)


もっといろんなところで上演されるといいですよね〜^^


posted by しろくま at 21:53| Comment(0) | ちゅん2日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: