2012年08月08日

キャンプ出発しました&「カンフー・パンダ」


カンフー・パンダ (2008年アメリカ)

今朝早く、ちゅん2がボーイスカウトのキャンプにでかけました…

帰ってくるのは20日です。
さ…さみしい…


わたしは去年の夏、カブスカウトのキャンプに参加して
さらに上の野営地まで
体より大きい荷物担いで山道を
荷上げするボーイスカウトを見てますので〜


あーあのちっこいちゅん2が荷物に埋もれるのね(┯_┯) と
やっぱり心配なのでありますが

彼はこれまでも辛さも楽しさも仲間と分かち合って
しっかりやってるし
きっと大丈夫!なのは分かってるし

こういうときはSedona method♪ で心配なんて手放すに限りまする

(そしてその方がきっとうまく行く)



さて

先日も書きましたが先週まで妹一家が来てまして
甥っ子たち三兄弟(全員boys)のちっこい末っ子@2歳がこの映画「カンフーー・パンダ」が大好きらしく

"kung-fu fighting〜♪"って短い手足で踊りまくるのがかわいくって
それでDVD買ってあげたんですけど


観てみたらこれが!おもしろいのですわ〜

ご覧になりました?



「愛することは、期待することではなく
(そのままのその子を)信じることだ」



っていうメッセージを

たいそう分かりやすく( ´艸`)

ドカンと手渡されます(よね)


(アメリカの映画って)この明快さが 清々しくてすきやわぁ…


ばりばりの権威主義?(あるいは現実主義)の見えるものしか見てないレッサーパンダは師範なんだけど
マスターの割には俗物で
老師のカメは話すこといちいちスピ的哲学的で超越してて
噛み合わないことこの上なし( ´艸`)

なんだけど、そのレッサーパンダさんが変わっていくのよね
(そしてカメ老師は初めからお見通しだったのよね)

翻弄される一般市民はみんな豚とかウサギみたいなprey側えさになる動物で


そんなやっぱり比較的分かりやすい深味も加えつつ


おもしろかったです



ただ信じていればよい…というメッセージにやっぱり安らげる



がんばれー ちゅん2!!!!!


posted by しろくま at 10:06| Comment(0) | たまに観る映画のはなし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: