2012年04月18日

ドアの話---この頃聞いた名言

asari.jpg
(脈絡ございませんが、これは買ってきたあさりを砂抜きしているところです。あんまり元気なので、しばらく眺めて楽しんで写真撮りまくってしまいました)

そういえば、昔…まだ、結婚したばかりの頃…
あさりがおもしろくて、かわいくて、食べるのが忍びなくなり、そのまましばらく飼った(?)ことがありましたっけ。

今はハイ、あいかわらずかわいいなとは思うけど、その後ありがたくよどみなく頂きますです。ハイ。


今日のこれはちゅん2語録じゃなくって、
ホントの(ホントの??)名言(の、つもり)



先日、何のTVかわかんないんだけど、
バラエティらしき番組をオットかちゅん2が見ていて
ふと覗くと

ヨシダソース とかいう、アメリカで大成功したらしいソース会社の
創業者である日本のおじさん…
が出ていました

テンガロンハットをかぶった明るいチョイあやしい(失礼)おじさん

でも、
おっしゃっていることが(さすが苦労人!)すてきでしたのよ

わたしは途中から見たので
はじめの方は分かりませんが…


なんでも
アメリカにわたって空手を教えていらして、
ひょんなことでお母様のつくっていたソースを思い出して人にプレゼントしたら
それが評判になって。というようななりゆきだそうで
(くわしくは↑のリンクからをご覧くださいませ)


この方がね


壁にぶつかるやろ。
目の前のドアがいくら押しても引いても開かん!とそのドアばっかり見とるねん。
冷静になって周りを見回したら
こっちがしまっとったら
向こうのドアがな、あいとんねん


みたいなことを
おっしゃいました


ほおぉぉぉーー!!


感動した次第でございまする


ソースはね、私は知りませんでしたけど
オットが、これ甘いねん。アメリカ人の好きそうな味やな

って申しておりました


話だけ聞くとカッコよくも聞こえますが
たぶん
きっと
這うような辛酸をなめつつも、その中から生まれた
珠のような言葉なのでしょうね



このテンガロンおじさんのファンでございます



posted by しろくま at 15:41| Comment(2) | 日々雑感
この記事へのコメント
しろくまのお母さんがこの記事を書いたおんなじ日に、篠さんのもりへ行こうのblogに、おんなじ事(エピソードは違うけど)が書いてあって、(シンクロ!)んでまた、わたしがそれを同時に読んだということに、そのお話からのメッセージを強く感じましたv

自由について。

自分で ある(いる) ということについて。

糸口が見えてきた思いです。
Posted by モモ☆ at 2012年04月19日 12:28
モモちゃん
コメントありがとう!お元気?
森の声さんのblog読み返してみました。そういわれると、そうやねぇ!

気づいて、受けとめて、ちゃんと考えてるモモちゃんは偉いです!!
ありがとう〜
Posted by しろくま at 2012年04月20日 00:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: