2012年03月13日

震災から1年

やっと梅の花が咲きはじめたと思ったら


昨日は2回も吹雪になりました
(合間は晴れたので積もりませんでしたが)

梅の花もびっくりしているかな



土日はオットが家にいるのでなにかとすることがあって
昨日からちゅん2が熱を出して寝ているので

なかなかPCに向かえませんでしたが


日曜日でちょうど
震災から一年


新聞でも、TVでも、たくさんの
記録・検証・追悼番組/記事を目にしました




11日より少し前でしたが

朝日新聞にこんな内容の記事が載っていました

震災以来
大津波で街が壊滅した地域で
街角で

子どもたちが
津波で亡くなった方の姿を見ているのだそうです

「濡れているからすぐに分かる」


あるいは(子どもたちに限らず)
亡くなった身内の方の

姿が見えたり
声が聞こえたり
気配がするのだそうです



きっとそうなんだろうと思います


天下の大新聞(!)が、このようなことを記事にされたのを
実は驚いたというか
(ホメオパシーバッシングの論調が記憶に新しかったりもするので…)

でも
ゆっくりと、しかししっかりと
変わっていく
本当に大切なものに目を向けてこうとする
意識のうねりのようなものも感じるのです


亡くなった方々のご冥福を心からお祈りいたします

きっと心を残されていることでしょうね
それでまだ、街角にたたずんだり、
家族の周りにそっといらっしゃるんでしょうね

安心して旅立ってくださることができるように

生きているわたしたちが
安心な国(世界)づくりを「
ひとつひとつ変えていくことを
任されているのだと思ったりします





posted by しろくま at 10:46| Comment(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: