2011年12月28日

「人生がときめく片づけの魔法」


人生がときめく片づけの魔法 -- 近藤麻理恵 サンマーク出版 2010


時期的に、どうでしょうか、本屋さんでも
片づけ関連本に目が向くころではないでしょうか

断捨離はね…
(本は買ったけど。母に笑われたけど( ´艸`)。そして半分も読んでいないけど)

すごいなー
これまでの整理整頓とはスケールが違う!

って思いましたけれども
なんだかのめり込めず

で、噂になってるこの方(こんまりさん)の本が気になりつつ
本に頼るってどうよ・・・なんて逡巡しておりましたが
kieさんのblog読んでも、いいかんじだし!


…てなことで背中を押してもらいまして^^

読んでみたらば

これってば

「スピリチュアル」片づけ術、(片づけ術、と呼んでもいいならば!でももっと大きいものって気がするけど)
ではないですか!


思うに
断捨離もそうだけど(って半分しか読んでないので分かってないかもなのですが)

取り組みたいなと思うけど
途中からどうしても手が止まってしまうのは

捨てる 手放す
ことに(アルイミ)罪悪感が払しょくできないからなのです

こんまりさん(この本の著者)は

「モノは本当に毎日、持ち主を支えるためにそれぞれの役割を全うしています」

「片づけは、家を出ていくモノたちの門出を祝うお祭り」

そのために
「一つひとつのモノに向き合って、そこで出てきた感情を味わって初めて、
モノとの関係が消化できる…今向き合うか、いつか向き合うか、死ぬまで向き合わないか」


なので

「『買った瞬間にときめかせてくれて、ありがとう』『わたしに合わないタイプの服を教えてくれて、ありがとう』といって、捨ててあげればいいのです」



あぁぁぁぁぁこれがいいです!!

わたしも、
鍵を開けたらおうちに「ただいま!」
オットの靴を磨くときは靴に「いつもありがとう」
くらいはいうけど

この方はすごいです
ちゃんと、モノとコミュニケートしているもの。

そっか
どうしたいか、どうされたいかは、
モノに聞いてみればいいんだー!

「モノを選ぶときは自分の体に聞いてみて、
モノの置き場所を決めるときはおうちに聞いてみる」



…ということで

先日来まずは洋服に取り組みまして
リビングの床にわたしの洋服を全部山積みにしまして
ごみ袋6個分を「送り出し」ました。

次の「本」は…
ここはわたしのときめきポイントなので、ムズカシイ、
っていうか
雑誌を中心に「送り出し」ましたけど甘かったかな…

洋服のときのペースはいくぶん鈍りがちですが
ともかくも
だいぶすっきりしたので

引き続きがんばります♪



posted by しろくま at 20:11| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: