2011年11月29日

速読と遅読…それに脱化粧品本6冊

toxiccosmetics.jpg
(クリックでちょっと大きくなります)

今朝、NHKのあさイチ!という番組を見ていましたら

(またゆっくりお話しすることもあるかと思いますが、
実はこの夏くらいからホメオパシーのお仕事徐々に手仕舞いに入っておりまして、
この頃は朝ゆっくりTV視ることもできたりして…♪ちょっとウレシイ

「速読」と「遅読」というのを特集していたんです

速読って、すごいんですねぇ。10分で200ページ読めちゃったり?
(内容をしっかり頭に入れる方式は、1時間で10回読んでましたが…それってどうなのかしら…普通に一時間で一冊読んだらいいんちゃうの?)

訓練の仕方を少しだけ紹介されてましたが、
「視野を広げる」
「目の運動量をあげる」
「反復練習(慣れる)」
「集中力」

どうもこのあたりがポイントのようでありました。

私は速読はしてませんけど
そういえば面白い特技があるんです^^
(って、いうほどのことでもないか…)

たとえば…小学校とかで廊下の壁一面に、こどもの書いた壁新聞が貼ってあったりするでしょう。
通り過ぎながらちらっと見ると、誤字(たとえば、「間」っていう漢字の「日」が「目」になっていたりとか)が発見できたりするっていうか、
その文字だけ目に飛び込んでくるんですよね
( ´艸`)
理屈は分かりませんけど、文字ではなくてイメージ認識しているのかしらねぇ(推測)

ま、それはさておき、
なんちゃって速読くらいだったら、もしかしてできるかもぉ
なんて思いながらTV見ておりました。

それから「遅読」。

遅読っていうのを今回初めて知ったのですけど
(一部書店ではブームになっているそうです?)
TVで紹介されてた読み方ってのが

「家のいろんなところに複数の本を置いて同時並列で読む」
「手にはペンや付せんを欠かさずメモ&チェック&アンダーラインしながら読む」
「しおりを使わないで前後重複して読む」
……云々

って、
まさに、わたしのフダンやってる読み方そのまんまだったので
おかしくて笑ってしまいました

そっかーわたしのは、「遅読」やったんね!( ̄w ̄)



で、本題に入りますと

先週、↑の写真の左下に写っている
続・あぶない化粧品」っていうブックレットをぱらぱら読んでいたのです
(既視感があったので、初めて読んだわけではないかもしれないんだけど)

そもそもは、「必須ですか?子宮頚がんワクチン」というブックレットを注文したときに、
ついでに…一緒に買ったものでした

読後
……んむむ

今更ながら
日常の「こんなもん」(思考の怠慢)にスッカリとりまぎれていた
積年のうすうすの疑問を意識したのです

生まれて初めて「基礎化粧品」なるものを使った高一のとき
(母が、当時基礎化粧品業に進出したばかりの花王「ソフィーナ」の試供品をもらってきたのでしたが…年が分かるね♪
ひと晩で顔の皮が一枚全部向けたことや

どうして顔の皮膚だけ、お風呂上がりになにもつけないと突っ張るのか
不思議よねぇってことや

若いころあれこれ化粧品を試しても、
うたい文句の通りになったためしがないやんってことや

若いころはずっと洗顔のしすぎだったってことや
(今は水で洗ってますがこのほうがずっと調子がいい)

子どもが生まれて、自分を洗ってるどころじゃなくって、体なんか石けん使わなくなってから
背中のニキビが消えてつるつるになったことや…



ま、体や髪のことは、そのときちゃんと気づいたんで、
(あとちゅん2が赤ちゃんのころ肌が弱かったこともあり)
ここ10年は石鹸シャンプーやら粉せっけんやらなにやら
合成洗剤系は生活から一掃しておりますけれど


改めて考えてみたら

そうやん
化粧品もそうやん
メイクアップだけじゃなくって

このブックレットには「所謂基礎化粧品」もろくなことしてないって
理由つきで書いてあるのでした

へぇぇ〜〜〜

「化粧品一切なし生活」に、興味津々になってしまいました


で、さっそくamazonの古本で↑のその他の5冊を買いました
(だってさ、ただ単に全部一度にやめて、自力で皮脂が出るようになるまで何カ月もガサガサ顔を我慢するのはちょっといやだもの。)


今日は早速素肌におしろいと薄づきの口紅(ただしいつもより紅め)のみで出かけてみました



今日の夕方ポストを見たらみんな届いてたので
以上5冊を(今朝見たばかりの)なんちゃって速読で読んでみたのでした


(ただし、右下の「あぶない!あなたの化粧品」だけは、特定の化粧品の宣伝本でしたので、読む価値なしデス)

とはいえ

この手の本は、えてしてセンセーショナルに書いてある(かもしれない)し、
一部の被害を(もちろん薬品への感受性には個人差があるので)とりたてて紹介してある(かもしれない)ので、
まるまるうのみにはしていないつもりなんでありますが

納得できる部分も相当あるのです





ちょっと研究してみたいと思っています


posted by しろくま at 22:22| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: