2011年09月25日

Would I let it go?

yosemiteHalfdome.jpg

Yosemite(ヨセミテ国立公園)のHalf Domeの夕焼け。
氷河が削った地形だそうです。

ここでもまた、自然の美しさ・神々しさにうたれました・・・




ところで。

カブスカウトからボーイスカウトにあがったばかりのちゅん2。

今日は、初めての夜の隊集会があるので
(7時〜9時)
少々(以上かな)緊張しながら、大きなザックを背負って
一人で自転車に乗って集会所へ向かいました。

もう、7時だととっぷり暗いんですよねー
帰りは9時半くらいになるでしょう。

母としては、だってまだ10歳だし、
うちの方角ではちゅん2が一番遠いし・・・
そもそも暗い中を、一人で外出させるなんて初めてだもの。
やっぱり心配でもあり。。。


でもこういうときは
心配してもいいことなんてないんだから
手放します! ここでも、セドナメソッドつかいます

Could I let it go?
Would I let it go?
Now!




先日ふと考えていたんですけれど
たしか
セドナメソッドの本にあったと思うんですけれども

どれどれ・・・(探したらありました)

「感情的に負荷がかかり未解決な経験は、
開いたままのプログラムやファイルに似て、
私たちの人生の背景で動き続けています。
それらは、使えるメモリーや処理能力を使いすぎてしまうのです」


心の仕組みを、パソコンに例えています。
ホント、いらないもんに、不必要にメモリーをつかっちゃって
重たくなっちゃって
ほかの動かしたいプログラムがまともに動かない・・・って

すごくわかりやすい例えじゃぁないですか??

(そして、ホ・オポノポノセミナーでも本でも
まさに同じことを言ってたように思います。
もうどの本だったかわかんなくなったけど・・・)


セドナメソッドでは「感情」や「抵抗」さらにその根底にある「欲求」・・・
を扱いますけど

考えてみれば感情みたいに見えないものだけじゃなくって
「症状」「病」だって

まさにメモリーを食ってる状態で
だから健康ならできちゃうような、思うようなことがさくさくできない

・・・って
ホントおんなじだなぁーって

より「粗い」肉体からより「精妙な」感情、精神まで
やっぱりおんなじセオリーで
つながっているんだよなぁって

今更ながらですが

感心いたしました( ´艸`)


そもそも不可分なものだから
感情アプローチ(セドナメソッドみたいな)が身体や、
その周りの環境にまで
影響を及ぼす、何らかの変化を起こしうるって分かる気がします。



さー、今日はもうご飯も早めに済んだし
9時半まで、用事を済ませてしまおー! ( ̄w ̄)


posted by しろくま at 12:50| Comment(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: