2022年04月24日

室生寺と出会い

龍穴神社に参拝した後
ほんまそこやった・・・室生寺に期せずして行ってまいりました。
(こちらの方がずっと有名ですけど)
門前町は道が狭くて、駐車場がたくさんあって(有料)
DEB86833-0398-4734-9256-0A0B0FB471DD.jpeg
千と千尋やん!

境内はちょうど、石楠花がきれいに咲いていました。
盛りはこれからだと思います(奥の院ではまだ蕾でした)。ベストシーズンです♪

入場料は500円、仁王門を潜って鎧坂(って石段)を登って、金堂の横を通ったら
(ここは入場料がいるのですが)
ふと入り口を見ると、13:00から僧侶による読経と館内説明
って書いてあったんですね
ちょうど3分前くらいだったので、これは行けってことでしょー!
と、入らせていただきました
(小さな懐中お守りをいただきました)

わたし以外には上の世代のご夫婦だけで、
仏像に詳しそうな男性の方が色々質問されてました。

ご本尊は釈迦如来様なのですが
元々は薬師如来として信仰されていた仏像だそうで
後背の造作は薬師如来の仕様なんだそうです(仕様っていうかさ…)
今の真言宗のお寺になるまでには、色々な信仰の場であったのだとか。
ほほー。

その後本堂でもお参りをして御灯明あげたりして
(余談ですけど、この頃お財布を小さくしたので、それに現金を使うことが減って、お財布に小銭がないことないこと!神社仏閣に来ると困りますね〜)

五重塔を過ぎて
9368D82B-5134-4316-A18E-00065316DD84.jpeg
奥の院まで山道を結構登って
もうこの辺誰もいなくて
森の中をゆっくり歩くのも大変楽しかったです


帰り道、ふと右側を見ると
378023CF-5DF9-48DA-BC26-1F82DFA181F7.jpeg
行きには気が付かなかったんだけど
北畠親房公のお墓(伝)が・・・

わたしよく知らないんですが
妹によると
(妹は小さい頃おばあちゃんっ子で、祖母からいろんな話を聞いて育ったのですが)
うっすらとした血縁関係があるそうなので
早速妹に送信^^
お墓なんで(なんとなく〜)近寄って写真を撮ったり拝んだりはしませんでしたが
一応ご挨拶はしておきました。

さーて
この日、室生にこようと思ったのはそもそも千年桜を訪れるためなので
まぁもう花は終わっているという情報でしたが
一路仏隆寺をめざして
出発〜〜


その前に
来るときに道端に見えた、「弘法大師の水」ってのに寄ってみようと思います
posted by しろくま at 11:56| Comment(0) | みてある記♪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: