2021年09月06日

「楽園の烏」


楽園の烏 --- 阿部智里/著 文藝春秋 2020

去年出ていたんですね〜
迂闊だわ。
後編(完結編!?)が出たとかで先日知って、2冊とも買いました。
新シリーズだそうです。

な な なんと あの 雪哉が

だ だ ダーク!!!(しかもおっさんになっている)


位人臣を極めてる様子の雪ちゃんでございますが

新入りの部下に向かって
「見事こなしてみるがいい」

あなた
若者にそんなんゆーて
いい結果が出るわけないじゃありませんか〜

ってすごい違和感があって思わず突っ込んだんだけど
この違和感がずっとある展開。

いや、おっさんになるまでの雪ちゃんに、何かとてつもないことがあったに違いないよ・・・


毎回ぶつぶつ言っております(スミマセン)読みづらいところは
1箇所だけだった〜!(たぶん)



速攻で続きを読み始めてます^^
posted by しろくま at 18:38| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: