2021年04月17日

「エルメスの道 Le Chemin d’Hermes」


新版 エルメスの道 Le Chemin d’Hermes −- 竹宮惠子/作 中央公論新社 2021

竹宮惠子さんですから漫画です。
あとがきで初めて知ったけど、エルメスの社史らしい。

馬具職人だった初代から、人材に恵まれた家系の歴史
イタリアも家族で受け継ぐ伝統のイメージがあるけど
エルメスもそうなのねぇ。

バッグやスカートに最初にファスナー(アメリカで発明されていた)を使ったのも
エルメスだったとか。

あの、ライセンス林立の時代に
(タオルとかハンカチとか、トイレのスリッパとかたくさんあったものねぇ)
それを選択肢なかったのも、今の高いステータスへの道だったのねぇ。

結構面白かったです。


le chemin は道
鉄道は le chemin de fer
というのも地味におもしろいかも(英語はrailwayなのにー)
posted by しろくま at 17:39| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: