2021年03月10日

因果関係はありません

8DE65442-D613-4C7C-8546-C357833B8973.jpeg
「専門家グループ」が、福島の原発事故後の子どもたちの甲状腺癌の増加と放射能の影響との関連はない、と発表したらしい。

あぁまたか、と思った。
この手の発表はよくある。
大体薬害とか、予防接種の被害とか、
苦しんでいる人が実際にいるのに、「関連はない」とかって偉い人たちがおっしゃる。

これ、100%の因果関係はない、ってことですか?

そうじゃないと理解できないわ。
(で、100%に何の意味があるでしょうか)まぁ100%とかいうとおバカみたいだけど。統計的有意、とかなんとかもっと多分違う言葉だろうけど。でもそんなことは本意ではなく。そして私にはわからない。


この被曝と甲状腺癌との関連についても
「ない」って断言することは
そしてこの見解に基づいて今後何かが動いたり動かなかったりすることは

被害に遭っている人を二重に苦しめることだし
あるべき救済や対策を奪うことでもある

偉い人たちが頭を付き合わせてこういう相談は何のため・・・?

自分の家族や友人がそこにいたらそう言える?


と、ここまで書いて、ネットの記事をもう一度読んでううむと思った。
「甲状腺がんの発見率との関連の解析においては、線量の増加に応じて発見率が上昇するといった一貫した関係は認められない」

ってあるんですねぇ。

とっても限定的なんですねー。
限定的な部分にだけ、断言をすることは、きっと良心にも反しないだろうね。

でも、この見解が
「福島の被曝と発癌は関係がない」と、広く読み替えられていく。みたい。

線量の増加と発見率の上昇とは関係が見つからなかったけれど
いや、こっちでは関係がある
とかいう、研究を、発表してくれないものかなぁ。もしかするとしてるんじゃないかなぁ。それを、マスコミでも、ちゃんと大きく伝えてくれないものかなぁ。

ああぁぁ、だれかが何かしてくれないかなぁ、ってただ呟いている自分がちょっと嫌になった。


なんかよくわかんない呟きになりました。でも、今の私はこんなところ
久々の投稿でした
posted by しろくま at 13:18| Comment(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: