2021年01月15日

破魔矢ことはじめ

8D6A19AB-970B-45D9-8234-39FA806B5071.jpeg
これはうちのお雑煮じゃなくって、
お正月に割烹でいただいたもの。
(うちのはおすましです)
お餅でなくって、里芋でした♪♪ 丁寧に作られていて、おいしかったぁ〜

ところで
今日面白いことがありました!

近くの神社で「とんど焼き」(って呼ぶのよ。ここでは)の日だったので
お正月のお飾りをお焚き上げしてもらおうと外出したのですが

途中、ふと(たまに初詣に行くこともある)別のお寺にちょっと寄ってみようという気になり。

ちょっと辺鄙なところにあるこのお寺には
参詣の方は誰もいらっしゃいませんでしたが
(昨日訪れた、清荒神さんには結構たくさんお人が来てらしたけれどもね!)

拝殿で手を合わせていたら、なんだか甲高い女性の声が。

「すみませんー!スミマセーーーん!すみません、破魔矢をいただきたいんですけれど!」

奥の方からお寺の方が顔を出して、破魔矢を授けていらっしゃいました。

静かな境内にはちょっとそぐわない感じでしたけども
へー 破魔矢ってお寺にもあるのかぁ〜とか
私はあんまり縁起物を買ったことがないので、そんなふうに思ってました。

で、その後、横にある護摩堂の方に回って、お不動さんを拝んだりしていましたら
今度は男性の方が、
「御住職〜!御住職〜!!」と何度も大声で呼んでいらっしゃいます。

どうも、授与所がまた無人になったらしく。

帰ろうとちょうどそちらの方に歩いていく頃には
どなたか出てこられたようで
そのおじさん
「破魔矢いただけますか?まだいいですか?」
「ありますよ〜」
「おいくらですか?」
「1000円です」

ほぉぉ、1000円なのかぁ、と思うわたし。
えべっさんの縁起物みたいに、もっとすごい高価なのかと思ってました〜

「あれ、さっき破魔矢買いに来ました?女性が?」
「こられましたよ」
「あ そうですか!?ちょっと聞いてきますわ」

と、おじさん、その場を離れる。

あ。。。という感じの御住職(多分)。

で、ちょうど通りかかったわたしが、
「あ、じゃぁわたし、いただきます」


なんかねー
破魔矢って買ったことないし
買うつもりもなかったし
お値段も、全然知らなかったし

でも
これは
買えってことだわ〜( *´艸`) ( *´艸`)
って思いましてん

ちっとも気がつかないわたしに、何度も何度もサインを送ってくださったんじゃぁないかなぁ

リビングの高いところに飾りました♪

あれ、飾り方ってあるのかしら?

posted by しろくま at 18:03| Comment(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: