2020年11月18日

「トラりんと学ぶ 日本の美術A 神仏への祈り」


トラりんと学ぶ 日本の美術A 神仏への祈り --- 京都国立博物館/監修 淡交社 2020

先日まであべのハルカス美術館で開催されていた

「奇才 ―江戸絵画の冒険者たち―」展に行ってきまして
まぁーおもしろかったんですけれども

会場のショップでこの本を買いました。

キャラクターになっているトラりんは
京都国立博物館蔵の「竹虎図」(尾形光琳筆)のかわいらしいトラさんで
(どうも京博のマスコットとして着ぐるみがあるらしい)

「本当だリン!」
「素敵だリン!」
「キラキラしているリン☆」
「仏像のファッションに注目だリン♪」……
というトラりん語で
なかなかに異色にナビゲートをしてくれています。

紹介・解説は京博の研究員の皆様です

子ども向けみたいな体裁だけども
知らないこといっぱい!て面白かったよ〜〜〜^^

内容は
神宝、仏像、仏画、仏典、埋納経・祭祀遺物、それから文化財修理のこと。

写真を見るとどれも本当に丁寧に作られたもので
昔の人の祈りが感じられます

p67の、中国からきた経文の文字が好きです!
カラーで(実物を)みてみたーい


posted by しろくま at 23:35| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: