2020年08月31日

「おとうさんがいっぱい」


おとうさんがいっぱい --- 三田村信行/作 理論社 2003

小学校低学年で十分読める、子どもの本ですけれどもね

SFみたい……


自分(や家族)の、存在、というものに、
ナナメの方向から疑問を投げかけるストーリーで、なかなかにコワイです
(星新一さんをちょっと思い出す)

おもしろかった……

主人公はみんな、ひとりっ子。
わたしとはずいぶん違う環境だけど
コレ子どもの頃に読んでいたら、どう思ったかな。

posted by しろくま at 15:25| Comment(0) | こどもの本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: