2020年07月29日

姿勢のはなし2

cloud.jpg
もう梅雨もさすがに終わると思うんだけどな
晴れたり降ったりの空に面白い雲が浮かんでいて^^

さて
昨日「姿勢のはなし」を書きましたけれども

やっぱりさぁなーんか引っかかるのは、
姿勢が顕著によくなった(らしいわ)のは、
4スタンス理論の本で読んだ「よい姿勢」を実践しはじめてからじゃないかな?って思うんだけど
それってほんのここ2、3日のことっていうかさ

そんなに「すぐ」変わるもんなの??
って不思議に思うわけです
(例によって、素直に鵜呑みにはしないわたしです ハイ)
無意識にしてる時に明らかに姿勢がよくなってるっていう……


私なりに考えるにですね

まず、もしかしたら「正しい姿勢」っていうのは、少し心掛けるだけで
カラダ自体が「思い出す」っていうか、すぐに学習するものかもしれないってこと。

そしてもう一つは
(たぶんこっちがわたしには大きかったのじゃないかと思うんだけども)

4スタンス理論を知って、
「よい姿勢」というのが人によって(その人のタイプによって)違うってことがしっかり腑に落ちたってこと。

つまり
「よい姿勢」(正解)っていうものが、
誰かの正解を真似ることではなくて
自分の中にあるんだ!!ってわかったっていうこと。

これが、とても大きかったんじゃないかなーって思うのでした

こう考えると結構深い話よね

軸が自分に戻ったっていうこと

それにしても
自分に合わない無理な姿勢をとろうと意識的にすることで
無意識の時間はきっとその反動で余計に姿勢が悪かったんだろうなぁって

オモウ

そして今はとても楽なのでした
(外から客観的に見てどう違うのかは、私にはよくわからないんだけどね)


posted by しろくま at 22:41| Comment(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: