2020年06月02日

ちょっと呼吸マニアな日々

20200530.jpg
週末の空。
きれい〜……

ところで

呼吸ってこんなに大事な(そして難しい)んや……って(今更ですが)
痛感することが多い日々なので、その経緯をちょっとばかしご紹介しようかと。

わたし、反り腰なのはわかってました。
あと、からだが丸い(横から見て分厚い)のも、若いころから知ってました。
(だから、見た目よりもウエストのサイズが大きい)←この頃は見た目も大きかったけど…

今年の2月くらいから、ピラティスに行くようになって、
(いろんな発見があったのですがその中でも)
自分が、息を吸う時に、肋骨を前面に押し出すようにして吸っている
という
癖?を発見してすごく驚きました。

これではウエストのサイズが大きくなるはずだ〜

で、それは腹筋がない(使っていない)からだ、ということもしばらくして発見しました。

わたしはたとえば脚や臀部の筋肉に比較して極端に腹筋が弱い。
あと、だから、骨盤底筋も弱い。(病気しました。ハイ)

呼吸時に肋骨の動きも悪い。
鏡の前で、息を吐くときに肋骨を縮めるようにしてみると、
すごーくウエストが細くなる。(あぁぁぁぁこうなりたい!!)

で、先週でしたか。

ピラティスのコーチに、肋骨の話をしましたら
良い呼吸の仕方を教えてくれました。

吸うときに。
肋骨を
背中側に広げるようにする。


ほほーーーーーーー!!!!

こうすると、腹筋も使えるし
肺活量も増えるし
もちろん肋骨が前に出ないし

いいーーーーー♪♪♪♪♪

地味だけど、呼吸の仕方って、意外にちゃんとできないし、知らないよね。
肉体をもって生きてる生活で、呼吸って本当にだいじ。
自分の呼吸を直していくってすごくおもしろい。

コロナ自粛中からYouTubeヨガも初めてすっかりはまっているのも
(今ではピラティスしんどいからヨガばっかり。)
さらに呼吸の発見があって、楽しいからもあるのよね

わたしこの年になって、ってアラフィフですけど、
自分についていろんな発見が続々と起こるってすごい刺激的だし

人生っておもしろいな〜〜 って思う今日この頃です。

いまコロナ禍でコーラスもお休みなんですけど
肺活量増えたら歌うのももっと楽しみだなぁ





それでね

コーチに、(呼吸が浅いから)
小さい頃、喘息とかでした?
って聞かれたけど全然そんなことなかったし

いいえって答えましたけど

お家に帰ってボーっとしていたときにふと、思い出しました。

まだ幼児の頃の
妙に鮮明な記憶があって

それは温泉プールのようなところか、レジャー銭湯みたいなところか、わからないんですけど
(北海道にいる頃です)
わたしよちよちと周りの大きい子たちに続いて階段を上って行って
滑り台をしゃ〜っと滑って
お湯の中にぼちゃんと落ちて
溺れた???? ような記憶があるんです(そこまでしか記憶がない)

人生で、これまでも何度か思い出したことがある、不思議な記憶。

もしかして。
あのときの苦しさ、呼吸の苦しさを
抱えながら生きてきたのかもしれないね??

(これは余談でした)


posted by しろくま at 01:53| Comment(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: