2020年04月29日

「神仏に愛されるスピリチュアル作法」


神仏に愛されるスピリチュアル作法 --- 桜井識子/著 PHP文庫 2020

きゃ〜来た〜♪
と思って包装を開いて
あれ〜今度は新刊から文庫なんだー!ほほー!
なんって思って読み始めたのですが最初に書いてありました。

「幸せになるひっそりスピリチュアル作法」の文庫化だそうです。
あらぁ。
こういうのは、本屋さんで買うときはすぐに気付くんでしょうけどもねー
amazonではねー(説明を一番最後の行まで読んだら書いてあった)

とはいえ

こういうことでもないとなかなか読みなおさないしさ
改めて読んでみるとこれがまたなかなか面白かったですよ
5年経って私もまた違う目でもって読むからよね

「人間は“たくさんの感動を味わう”ために生まれてくるのです」
感情をいっぱいに動かして生きるためにやね♪

「絶対神にとっては、本人が美味しいものを食べられることよりも、霊格を落とさないことの方が大事です。
人生を幾度もやり直す長い旅をしている魂にとっては、ラーメンだとかトンカツが食べられたからこの人生は幸せでした、ではないのですね」

ほほー... いや、あの、それはそうなんでしょうけども......(汗)

前回読んだ時にもそうかぁぁ〜〜!と思っているこの点については
「たとえ思い出せなくても、いまの自分が持っているコンプレックスにこれといった原因が見つからない場合、その原因が過去世にある可能性は高いので、これは過去世の別の人間が負った心の傷跡でいまの自分のものではない、と自分に言い聞かせるようにするといいです」
了解です!

「1個でも“いいこと”があったら、その日は幸せな良い日である、というのがEさんの人生哲学です。
それは大きな出来事ではなく、おやつが美味しかったとか、デイのスタッフがお洋服を褒めてくれたとか……」

♡♡

「お守りとは神様がその人のところへ行くための目印です」
お守り、普段持ってないけどね……
しかも、うちにあるのはどれもこれも(お札も御守りも)期限が切れてたりするのでございます
(半年〜1年だそうです)
でも、出雲大社とか、思い入れのある遠くの神社とか、めったに行けない大きな神社のお札ってなかなか手放せなーい。


これまでの人生は無駄にならないよ、これからの人生のためになってるよ
っていう
識子さんからの応援メッセージのような本です

posted by しろくま at 15:04| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: