2019年11月16日

白銀の墟(おか) 玄(くろ)の月(3)(4)

 
白銀の墟(おか) 玄(くろ)の月(三)(四) --- 小野不由美/著 新潮文庫 2019

11月9日発売で、amazonが早かろうと思って注文して届いたのが12日(しかも夜)って……

きー!本屋さんで買えばよかったー!!!

と、憤慨しつつ(届くまで)憤慨する時間すら惜しみつつ(届いてから)
読みましたっ♪♪
で、読んでからもう一巡読もうかと考え中……

あーおわってしまった。

あのさぁ
この、さいご、ぎりぎりのところになって、あーもう駄目かってなって、
すっかりしんどくなったそのあとにだいどんでんがえーし!
があるのってもうさぁ
風の万里 黎明の空(上)(下)とかですっかり慣れておりますからぁ
もうしんどくはなったけどきっとくる〜♪ きっとくる〜♪って
楽しみに待てたのがあ―私も成長したなぁって(* ̄m ̄)

驍宗が去思を逃がしたシーンがすごいかっこよくて。
それから
昨今のネットなんていうの?インターネット空間でせいぎかんをふりかざして他人を攻撃する人たち?
ああいう感じの群衆の描写も痛快で。

なんといってもでも
最後の史書風の一ページが(いつもですが)いいわねぇ

「大いに喪う」
そして
「暦を改めるに明幟とす」

これだけの超簡潔ななかにどれほどの、どれほどのドラマが息づいているか。

希望と絶望が描かれた物語。
あーーーしびれた
やっぱもう一回よーもーう♪

posted by しろくま at 16:19| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: