2019年08月28日

「ワンネスの扉」

ワンネスの扉 ― 心に魂のスペースを開くと、宇宙がやってくる
ワンネスの扉 ― 心に魂のスペースを開くと、宇宙がやってくる


昨日最後にお話してた本がこれです。

ちょっと前に出てたんですけど、なんか用心して手を伸ばさないでいたの。
で、今になったわけですが

フランスの田舎の少年だった著者が、
なんか宇宙人みたいな存在と意識でコンタクトをとるようになり
現在30代になるまでそのかかわりの中で考えたことや得たことを書いている本。

で、わたしはなにを思ったかというと

コネクションプラクティスやホ・オポノポノの説明になっているなぁってこと。

たとえばー
前にこんなこと書いてます
このときに
「観察があるとjudgeが抑えられるのか
judgeがないと観察ができるのか
よくわかりませんが」

って書いてるわたしの疑問の答えがこの本の中に。

judgeは「脳」のお仕事なんですねー
で、純粋な「観察」には脳は使わない。
脳が出てこない、ハートでできる。

Julienさん曰く、
「ワンネス」は、脳を使い始めた瞬間に終わるのだって。
(ワンネス、をご存じない向きはぜひこの本を読んでくださーい ググったりするよりもいいと思いまーす)

「ワンネスは脳では体験できないばかりか、逆に脳はワンネスの邪魔になる。
判断をいっさい介入させず、ただ観察する姿勢でなければ、共感(エンパシー)からワンネスへと発展することはない。意識の働く場所を、脳からハートに移す必要があるのだ」


この現実を生きるために脳はいい仕事をするパーツではあるけれども
脳が「自分」を作り出してしまってそれが結構ほんとうの自分(この本では「もう一人の僕」→「魂」)と違っているんですよね
「真正の『わたし』はノンローカル(非局在=遍在)であり、時間にも空間にも束縛されない、肉体の死を越えている存在」

脳の活動はノイズ(解釈、判断、評価、ラベルづけなど)であるので、
意識が魂とつながることを邪魔するっていうの。

これ、
魂ってウニヒピリちゃんのことを言っていません?(まるっぽそのままかどうかはわかんないけど。)

Julienが、「魂のためのスペースを頭の中につくる」ためにやったことは
「脳が伝えてくる情報を意識で冷静に観察」することだそうです。
そうすると
「脳は徐々に静かになってくる。脳が静かになると、次第に魂のかすかな声が聞こえるようになる」
ほほー!

ちょっと詳しいところも抜き書いときます。
「まず自分をよく観察し、脳がつくり上げている自分と、魂の自分を見分ける必要がある。そのためには自分の内側に生じるすべての考え、感覚、気持ちなどを常に客観的に俯瞰して観察してみること。朝起きてから夜寝るまで観察しつづけ、一つひとつの『源』をすべて確認する。それは自分の脳が考えたことか、他人の意見や感想の記憶か、魂からのメッセージなのか。あるいは肉体からの警告か、宇宙存在や守護霊からのアドバイスか……」





それはそうと
驚きなのはこれ、この本、Julienさん独学の日本語で書いたんだって。
それに、目に見えないものとの接触を、とても理性的にとらえて扱っています。

この人はもともと知的レベルが高いから宇宙人(?)に目をつけられたのか
宇宙人(?)とコンタクトして生きてきたから知的に高度になったのか
多分両方なのかなぁ

でも
「ワンネス体験は、ある意味では外国語を学ぶことにも似ている」
と書かれているように
ワンネス、この宇宙のもつ「多次元」感覚を育てるために、彼は外国語の習得はいい方法って言っています。「魂のための複数の『窓』をつくること」

なんかこれ、わかる気がするな。(フランス語もがんばろー^^)


その他いくつか覚書でーす(ランダムです)

「脳が邪魔しなくなって魂との風通しがよくなり、魂の望みがわかってくる」

「人との関わりや体験した物事にともなう感情と同時に『魂』が現れてくる。
魂は頭ではなくハートを通して表現し、感情や感覚でコミュニケーションしてくる」

「心で見る情報は、目で見る情報よりもはるかに多い」

「感情、とりわけ愛は魂の言語」

「でもスピリットガイドや守護霊といった存在からのメッセージを重要視するあまり、日常の生活をおろそかにすれば、肉体をもって生きているバランスが崩れてしまう。
『今ここ』で体験している人生の意味を見失ってしまうおそれがあるのだ。
スピリチュアルな世界や宇宙のどこかに行くことよりもっと重要なのは、目の前にいる人を大切にし、普段の日常生活を大切にすることなのに」


いい本だったよ! 1500円だけどこっちの方が「ウニヒピリのおしゃべり」よりもコスパがよい。

posted by しろくま at 14:10| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: