2019年04月25日

思い出の写真

20190423_tsujihitonari.jpg
一昨日だかの夕刊に、
辻仁成さんのエッセイが載っていて(画像クリックでちょっと大きくなります)

離婚されて息子さんと二人暮らしになって
家事をすべて辻さんがするようになり

「まるで人生の修行のように僕は米を研ぎ、買い物をし、食事をつくり、黙々と部屋の掃除をする。
家事がぼくの人生を変えたのである」

この一文になぜだか胸を掴まれた。

記事の左側の枠内にあるように、たぶん要旨をまとめるとそういうことなんだろうけど
そういう要約にはない切実さの感覚がこの一文にはある。

ところで
記事に載っている写真、これがまたなんだか素敵なんだなぁ

ちゅん2と沖縄〜宮古〜に行ったのはもう3年前なんですが
(中学を卒業した時だったんだよね)
似たような写真を撮ったっけね。
首里城御庭_s.jpg
(首里城の中庭でちゅん2が撮ってくれた)

それからこんなのも。
宮古島本島から大神島にいくフェリーの中だったかなぁ
oogami_ferry_s.jpg

この足は今はもっと大きくなっているよ

posted by しろくま at 11:11| Comment(0) | 新聞より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: