2019年01月24日

「多くの人が、この本で変わった。 津留晃一コンセプトノート」


(注:↑リンク先のアマゾンでは中古本がびっくり価格になっていますけど、
版元ネットショップで注文したら定価で買えますので… ご注意くださいませ)
多くの人が、この本で変わった。〜津留晃一コンセプトノート〜 --- 津留晃一/著 英光舎。 2001

この本は実は前にちょっと紹介してたんですけど
先週ようやく読み終わりまして……


なんていうか
人生を変える本だな
もう
これまで読んできたあれやこれや……のたくさんの本たちは
要らないかも

もっと早く出会いたかったような気もするけど
遠回りもわたしの身になっているという実感もあるのです

「この本は、繰り返しお読みください」ってあとがきにある通り
何度も読み返したい本。

ご紹介したいところ、覚書しておきたいところがたくさんあるんですけれども
たくさんありすぎてそんなのむり―
まあ実際に読んでいただくしかないかなーぁ

ということでさわりだけ、ランダムに挙げてみます。

「現実と思っているすべてが、あなたの創造物です」

わたしが一番印象的だったのは
「咎めない」

咎める心、批判する心が今自分の外側に投影されているだけ。
「ああすればいいのに」は裁く心の現れ。
「なんでそんなことをするの」は、正しくないというジャッジ。

そう思ったら、わたしたちはいかに自他共をジャッジして咎めて生きているかなぁ。
それが投影されて現実をつくっているなぁ。

「『良いからする、良くないからしない』。そういった習慣は、基本的に〈恐れ〉から作られました。
〈恐れ〉から始まったことは、すべてあまりうまくいきません」


なんですけど、この本2か月くらいかけて読んでいたので、
その間にわたし自身が少し変わってきていて、
今改めてこのblog書くためにパラパラめくっていると
心に響くところが読んでた時とまた変わってきていることにも今気づいたな。


「『私はこれまで何かを〈すること〉を目的としてきたが、これからは、〈体験〉を目的としよう。
起きてくることこそ、私が体験したかったことなのだから。
だったら、今体験している私は、すべてが〈思いどおり〉ということではないか』。
こう思えるようになって以来、私の世界から〈思いどおりでないこと〉が消えてしまいました」

「どうぞ気づいてください。『相手に伝えたい』と思う心は、〈自分が正しい〉という観点からの発想であることを。

(中略)
あなたが〈自分は正しい〉の観点に立った時、相手も『自分は正しい』の観点から発想を始めます。
こうして対立は生まれます」

「『できる』と想い込んでいることだけが〈できる〉」
「『しよう、しよう』と頑張ろうとするのは『できないかもしれない』と疑っていることにほかなりません。だから、『しよう、しよう』としていることはできないのです」


「あなたを悩ませているのは、」そのものや出来事などではなくて、
あなたの「考え方」〈想い〉の方です、っていうことが
他人のいびきや騒音の例を挙げてわかりやすく書かれています。
「嫌いな理由はあなたの内側にあるのですから」
「あなたは、あなたが〈良くない〉と考えているものによってのみ傷つきます」

「あなたを傷つけ続けているのは、あなたが抱いている否定的価値観なのです。
他人の態度は、あなたが手放すべき価値観を教えてくれているというわけです」

「判断するという行為を通して、あなたは自分自身のパワーを失い続けました」


こう部分だけ列挙すると、なんだか禅問答みたいだから
わかりやすいのも一つ書いとくね。

「怒鳴るその人は、あなたの中に潜んでいて、あなたがまだ認めていない部分を見せようとして現れます。
自分を否定している何らかの考え方が隠されている、その証拠として、あなたの外に表現されているにすぎません」
「『だれかに否定された』と感じるなら、それはあなたが自分を否定していることの現れです」

「『あの人は、こうしたほうがいい』と分かるのなら、あなた自身がもっとそうしてください。
相手に『こうすればいいのに』とアドバイスしたいことこそ、あなた自身がすべきことだと思って、それを実践してください」



「人は自分の信じたものを見ています。
自分の信念が、心の立体鏡として〈現実〉という幻影を生み出します。
ですから、その考え方を変えた瞬間からあなたの現実は変わり始めます」
posted by しろくま at 14:00| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: