2018年11月30日

"Tehanu"


Tehanu --- Ursula Le Guin, 1990
あ、ちなみに、私が読んでるのはこっちの本です↓

これは新しい本を買わずに以前読んだもの(The Farthest Shoreより字が大きいし!)を再読。

前にも書きましたけど車の中でずっと "The Farthest Shore"を聴いていて
(ナレーションがホント素晴らしくってほれぼれします)

余談ですが "dune"っていう単語を[dju:n}って発音されてるので気になって調べてみたら
イギリスではそうなんだって。ちなみに、アメリカでは[du:n]
へええ。そうなんだ〜

で、続きのこれを読みたくなったわけ。

今までの3作とはがらっと違いますよねぇ
down to earthとでも言いましょうか
だって人外のパワーをもつ魔法使いのGedが
力をなくして
フツーの人になって……


でも
フツーの人でないとえられない幸せを(まぁ、苦悩とともにですが)
がっつり手にしたということでやっぱり流石。

ドロドロしたとこも多いですがしみじみと好きな物語です

これまで、「男」にしかなかった「力」が
変わっていく予感がしますよね


posted by しろくま at 15:02| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: