2018年06月22日

フランス語で「星の王子さま」

rainbow201806_s.jpg
梅雨のいいところはしょっちゅう虹がかかるところですよねぇ
これ、ダブルレインボウなんですけど、ちょっと分かりにくいか……

先日(ってか昨日)
市のホールで時たま開かれている市民向け、大人の教養講座で
「『星の王子さま』を読み返す〜解釈と仏語発音初級編〜」ってのがありまして
急いで行ってまいりました

講師の先生曰く、
この小説は半分poemのような小説で(半分詩、半分絵本)
poemってものは翻訳不可能ですからぜひ原文で楽しんでほしい。
ということで……

私フランス語はぜんぜんわかりませんけど(勉強したいなぁとはここ3年くらいずっと思っている)
発音の基礎の基礎から、解説してくださいましてとても面白かった。

前半は作品の解説。
物語の構造は基本的にhero's journeyであり
(折口信夫の提唱する「貴種流離譚」に近いんです!と先生の弁)

後半はフランス語の発音初歩の初歩
有名なフレーズをちょこっと読んでくださったりもしてね

やっぱこれですわ

On ne voit bien qu'avec le coeur.
L'essentiel est invisible pour les yeux.
(ひとは、心でないとよく見えないんだよ。
大切なことは、目には見えないんだよ)


ちなみに英語だとね…
It is only with the heart that one can see rightly;
what is essential is invisible to the eye.


日本語訳だとね…
心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。
かんじんなことは、目に見えないんだよ
 (内藤濯訳)

ほほー  なるほど……

posted by しろくま at 16:16| Comment(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: