2018年06月22日

「星空 The Starry Starry Night」


星空 The Starry Starry Night --- ジミー・リャオ/作・絵 天野健太郎/訳 Two Virgins 2017

体裁は絵本じゃないんですけれども
絵本の仲間に入るのかなぁ

作者ジミー・リャオさんは台湾の方だそうです

The Starry Nightはゴッホの「星月夜」のことで

こういうのはなんていうの オマージュというの?
インスパイアされたというの?(まぁそんなことはどうでもよいか)

多感な時期の、孤独を抱えた主人公の少女が
同じく一人ぼっちの少年に出会うのですけど
こういう気持ちに覚えのある大人(わたし)としては
もうなんといいますか胸がキューンとするって申しましょうか

丹念に描き込まれた絵も、ずっとずっと寡黙な文章も
無駄なところがどこにもなくて
(なのでちっとも気が抜けなくて)

「今度のイヌは、大きくならなかった」

っていうのがなんとも心に残り……

で、図書館で借りて読んですぐに買ってしまったんですけども

そんなときちょうど、7月に(もう結構恒例、3年目です)中学校でおはなし会をさせてもらうことになりまして
これが第1回)
あー この本がいいなぁ この本を読みたいなぁ

で、昨日打ち合わせに持っていって話したら
いいねぇ これやろうよ ってことになりまして

版型の小さい本なのでプロジェクターで映して読もうかと。
暗がりで星空を眺めるっぽく

楽しみです
ちゃんとできるように練習しなくっちゃ
中学生の心にとどくといいなぁ



去年公開された映画(台湾映画)があったみたいです
それも観てみたい…
posted by しろくま at 15:22| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: