2018年06月11日

完璧主義の謎が解けた(その2)改め 存在承認の世界のはなし(その2)

201607丹生川上神社_s.jpg
ふとアルバムを見ていたら出てきました、丹生川上神社(中社)
2016年の7月に訪れたときの写真です。
どこかの会社の方々がみえていて丁度、お祓いが始まるところで、椅子などが準備されていました。
馬だらけね♪

ところで。表題の件。

続きを何書こうと思っていたんだっけね、
そういえば、「意識承認」(これコーチングの用語のようですね?)もOK〜!なんていえば

もしかしたら
「考えただけでいいっていうの???」なーんて、疑問を持つ向きもあろうかと思いまして


でもさ。
いいとか、悪いとか、じゃないですよねー?
ただ、そう意識しました、っていう事実があるだけ。
そしてそれでOK!という。
そうしたらね、なんといいますか、自分の中の塊のようなものが溶けていって、
“上の方”とつながっていきやすい気がするんですよね。
で、結果うまくいく。

そういう経験が何度もわたしにはあります。(たとえばこれとか。これとか。)

そうそう
以前に読んだ本でこういうのを思い出しました。
「誰もが幸せになる、一日3時間しか働かない国」

「だれしもが自分のことを自然が生み出した傑作だと考えているし、仲間のことも同様に捉えてる」という
これ、まさに、存在承認の満ち満ちた国です。

それから、「たのしいムーミン一家」
へりくつ屋も文句言いも手癖の悪いのも
ぜーんぶ
愛すべき大切な友人。これも、存在承認の世界だわね


正直でないといけない
いい人じゃないといけない
っていう、ほら、↑こんな文章では日頃思い浮かばないとは思うけどさ
自分の心の中に、深いところに根付いている「考え」…

正直でないと愛されない
いい人じゃないと愛されない
有能でないと愛されない
いい人じゃないと価値がない
有能でないと価値がない……

極端に言うと(でも決して極端ではない)そういう「考え」ですよね
人生のどこかで(たぶんごく小さいときに)拾ってしまった、
そんなものが根強く自分の中の自分からも見えないところにある、ってことに気づかないうちは
(あってもよくって、気づいたらそれだけで自分を縛っていた鎖が緩むのよね)
こういう物語はちょっと心がざわついて読めないのかもしれません


先日ちょっとした気づきがありまして。
わたしたち7月にコーラスグループのコンサートをすることになったんですけれども
ランチ付き2000円のレストランでのコンサート。
もちろん私たちはアマチュアだし、お金をいただけるわけもなく、2000円は丸々、召し上がっていただくランチ代なのでありますが
みんなそれぞれ知り合いに声を掛けてきてもらおうね、集客しようね、っていうことで
わたしはどきどきしていましたけど、一方で頭では結構来てくれるんじゃないかとも思っていて
話したら、友人が5人もいくよー!って言ってくれて。

うれしかったー♡♡♡

で、お誘いするのにも結構どきどきしたんだけど
予約をもらってもまだどきどきしていたのです
なんだこれ?って、自分の胸に聞いてみたら
やっぱり来れなくなったらどうしよう……
とか…って思ってた。
でも、自分でもこれおかしいなぁって、同時に考えているのです
感情と頭は違うのであります
こんなに胸がどきどき、不安になる必要ないのにねぇ??おかしいねぇ??って。


わかったのでした
もし、集客できなかったとしても。
もし、〇〇できなかったとしても。
わたしの価値は、ぜーんぜん、まったく、減ったりしない(^▽^)/
そう思ったら、そう思い出したら、それだけで、とっても楽になった。

自分への存在承認。

就職活動でも
お仕事のセールスでも
ステージに立つ時でも。

もし、うまくできなかったとしても
わたしの価値は、ぜーんぜん、減ったりしない♪

そう思ったら
そう思いだした
きっと楽だし、リラックスできるし、パフォーマンスもきっと最高になるんだろうと思いますー!


「しんどいな」っていうことってホント大切なサインなんだね。
向き合えば、そこに必ず何かのヒント、人生の知恵があるね。
そう思えたある日の出来事でした。



posted by しろくま at 01:46| Comment(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: