2018年05月05日

「レイミ―・ナイチンゲール」


レイミー・ナイチンゲール --- ケイト・ディカミロ/作 長友恵子/訳 岩波書店 2017

フロリダに住んでる、10歳の少女たち3人が主人公。
3人ともお父さんがいなくてね
なんだか事情はいろいろありそうなのよね

アメリカの子どもたちらしく、日本の同世代よりずいぶんしっかりしているというか
やることが大胆だし

それから両親の存在自体が薄いっていうか
この頃のアメリカの児童文学ってそういう感じじゃない?)
親ではない大人たちが、彼女たちを折々に支えてくれる。

南部の小説にしては黒人のキャラクターがでてこない。
出てくる人の姓が、なんだか非英語圏の出自(なんていうか非主流派)っぽい。

暗闇に小さく輝く黄色い光のイメージがところどころに。
ナイチンゲールがランタンを掲げるイメージと重なるなぁ

そもそもわたしフロリダって(といいますか南部自体)行ったことないのですが
夜の空気のとろっとした感じが、でもこんな感じなのかなぁと思いを馳せました

おもしろかったです
posted by しろくま at 18:26| Comment(0) | こどもの本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: