2018年03月27日

「ハナさんのおきゃくさま」


ハナさんのおきゃくさま --- 角野栄子/さく 福音館書店 1987

角野栄子さんは有名だし多作でいらっしゃるけれどわたしはたぶん
読んだことないの…
(あの有名な魔女の宅急便も。たぶん。)

で、ひょんなことからこの本を手にしたのですけど
おもしろかったわ!
お客様好きのハナさんが主人公なもんで
しかも
森と町との間に住んでて、
森側にも町側にも扉のある家なんだもんで

舞台装置はばっちり!
次から次へとお客様が来るので、延々とお話が続くという。

げんきでしあわせな、初老のハナさん。
こういうおばあさんになりたーい^^


そうそう
今朝TVで、角野さんが国際アンデルセン賞を受賞ってニュースを見ました。
びっくりしたのは、もうwikipediaにも載っていたこと

おめでとうございまーす
posted by しろくま at 11:10| Comment(0) | こどもの本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: