2017年08月18日

"Hawai'i This & That"


Hawai'i This & That --- LaRue W. Percy, Mutual Publishing, 1981-2003,
2013


これはですね
帰りのホノルル空港の本屋さんで買って、飛行機の中で読みました。

ハワイ(州)のいろんなデータが載っていて面白いです
(いま画像を探してて、日本のamazonでも売ってたので驚いた。中古だけど。)

州旗や州鳥、魚、花、歌…なんて紹介からはじまって
各島の紹介、
住んでいる人種や宗教とその割合、
産業の様子、居住コストはアメリカ中で2番目に高額(一番はアンカレッジだとか)
キャプテン・クックの最後の様子やら
「ハワイの薬用植物」なんてページも♪

「だれが島を所有しているか?」
(結構個人や牧場が多い)
ここに、Kamehameha Schoolsってのがあって、中央政府よりたくさんの土地を所有しているんですけど…

歴代の王様の紹介を読んでいくと
1800年代に、ハワイの王女様(Bernice Pauahi)と結婚した白人男性がいるんですね。
(ニューヨークから来たCharles Reed Bishop)

この王女様がなくなった後、彼女が相続したハワイの土地(ハワイ王国全体の1/9の広さの土地)を、
このBishopさんがご自分の(だろうな)Bishop Trustに寄付、それをもとに
ハワイのnativeの子どもたちの教育のための私立学校Kamehameha Schoolを設立したんだとか…

↑のサイトによると、英語による教育と、ハワイ語・ハワイ文化を教えているそうです。
すごいなぁ。やっぱ、お金だわ。日本のアイヌ文化も、こんな風に守れるとどんなに良いだろうね…

その後Bishopさんは銀行も作っています。(現在のthe First Hawaiian Bank)
やり手だったのだわ。


こういうのは行きの飛行機で読みたかったなー^^
$ 5.95
posted by しろくま at 09:48| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: