2017年08月17日

「忍びの国」


忍びの国 --- 和田竜/著 新潮文庫 2011

映画見て
それから原作に取り掛かりました

わたしは、断然、原作が好きだー!

それにしても
映画は、結構原作に忠実につくられていたんですねぇ
とはいえ

登場人物のイメージがやっぱり(わたしの想像とは)全然違うので
おもしろかったです

大膳は、あんなに理知的ではなく
無門は、あんなにおっとりしてはおらず
平兵衛は、もっと一種的(整体の)な感じ?


なんっていう
想像が楽しいんだよね〜^^

posted by しろくま at 19:04| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: