2017年07月31日

「どんなガンでも自分で治せる」


どんなガンでも自分で治せる --- 川竹文夫/編著 三五館 2017

この本は5月に出たところで
ずいぶん時間をかけて毎日ちょっとずつ、ゆっくり読んでました。

以前(10年前でしたか〜!)、NHKスペシャル「人間はなぜ治るのか」を視ました
この番組を制作された川竹さんが、NHKを退職されて

その後書かれた本「幸せはガンがくれた」も読みましたけど

今回のこの本は、川竹さん主宰の「ガンの患者研究所」に入会して、実際にご自分のがんを治そうとされている方々による、実際にご自分のがんを治した方々を取材したルポです。

この本が一番良かったかも。

衝撃的だったのは
抗がん剤の投与を受けられた方のお話の中で

抗がん剤を点滴で受けていて、針が外れたことがあったんだって
薬剤が肌にこぼれて
それを、看護師さんが、ごめんなさい、水膨れになるかも、って慌てて拭くんですって

そんなものを
点滴してるんだー!!って、知らなかった。すごく驚きました

この中の体験談に出てくるお医者さんで素敵な人がいました
もちろん標準の治療(手術、抗がん剤、放射線治療)を勧めるんだけど
「先生の患者さんで抗がん剤で治った人はいますか?」と聞かれて
「ぼくの患者にはいないよ」と、率直。

その後も、何かこう軽やかに相談に乗ってくれたそうで
結局治療は受けず検査だけお願いしてたみたいなんですけど

患者さんだったかたとの間に、あたたかい気持ちが通う関係ができたそうなんです
(詳しくは本書をお読みくださいませ)
こんなお医者さんもいるのねぇ。

丁度今日同じく読み終わったこの「ローフード」という本に
ローフード(ゲルソン療法)を実践してがんを治したアメリカの方が出てきます

ガンが消えた後、親身になって治療をしてくれていた(化学療法の)お医者さんに、
ゲルソン療法のいきさつをお話してみたんだって
そうしたら
「彼は本当に他人事のように、『ふーん、よかったね。続ければ?』といっただけだったんだ」
それだけ…

妙なプライドや保身なく、患者さんの回復を一番に望んで力を貸してくれるお医者さんが
これからもっと増えるといいなぁって思いました

ご興味のある方に、この本はたいへんおすすめです

posted by しろくま at 18:37| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: