2017年07月04日

「『山の神様』からこっそりうかがった『幸運』を呼び込むツボ」


「山の神様」からこっそりうかがった「幸運」を呼び込むツボ --- 桜井識子/著 宝島社 2017

識子さんの新刊です。また買ってしまった。

この方の本は、最初の「ひそスピ」以来複数の出版社から次々出ていますが
同じような神社仏閣神様ものに(たぶんね)ない、独特でユニークなところは
この方が神社の神様や眷属さんたちや仏像に入っている仏さまや……

と、直接話ができて、そのお姿も見られて…
という能力を持っていらっしゃるところなんですよね

これ、いつも思うけど、すごくないですか?
活用のしようによっては、日本の歴史の本、ずいぶん内容が変わっちゃうんじゃないですか??

まあそんなこんなで
人気があって出版社からも引っ張りだこ(なのでは)なのもうなずけるというものです

唯一の問題は
本がたくさんありすぎて(たぶん11冊目)どれに書いてあったんだかもうすっかりわかんなくなってしまってるっていうことくらいか……
ハイ 熊野さん、まだ行けていません……)

今回面白いなーって特に思ったのは

●手術など出血するものの時は仏さまにお願いする。
(神さまは血が苦手でいらっしゃいますからね〜)

●幸せって… のところで
「魂にとって、特別な何か”で、ウキウキするような喜びの感情、もしくはしみじみと癒されるような満足感を伴うもの」

「自分はどの部分が突出していたら嬉しいのか、何を持っていたら喜ぶのか、を本気で知ること」


識子さんご自身の、今のミッションに辿り着いたお話もおもしろかったです。

●無意根山(北海道)
北海道の山々にも、「山岳系神様」がいらっしゃるっていうことで
(しかも知られていない)

そうだよね。
日本人が、各地の神さまに名前をつけ(たり、勧請したり…し)てきたんじゃないかとおもうんだけど、
北海道はその手があまり入っていないものね。
(アイヌの方々が祀っていたお山は各地にありますね。今はそこに神社が建っていたりもするけど)


識子さんが当てもなく(っていうかあてずっぽうに…)探して歩いて、ふとしたことで見つけたのがこの山の
神様だそうです
熊野三山クラスの力をお持ちの神様だそうです(山はほとんど無名ですよね?一般的には…)

「この辺り一帯」にいらっしゃる御柱ということで
あ!と思わなくもないのが(わたしの個人的な妄想ですが…)

春にちゅん2と行ったホテルから見えた、余市岳。
地図を見てみたら、無意根山の北隣です。

どきどきするくらい、神々しかったのよ〜〜〜〜〜〜 余市岳。
この、右端の真っ白い(夕陽にほんのり染まっている)お山です
yoitidakeSmall.jpg

うふうふ。どうかなぁ。ここにもいらしたかなぁー

posted by しろくま at 17:56| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: