2017年05月22日

自分と、ひととつながる技術【コネクション・プラクティス】

white201705.jpg
日中は汗ばむ陽気だけど、日が落ちると急に涼しくなって
Tシャツ一枚では寒いくらいになりますね
ちょうどわたしの大好物の気候♪

この花は昨日咲いていたのを撮りました
でも!
久しぶりに花図鑑繰りましたが名前が分からない。
葉っぱとかちゃんと撮ってないから科すらもよくわからない… 名前…… 名前を知りたい〜〜


ところで

前にちょろっと書きましたけど
5月の連休の後半、3日かけて、大阪に「コネクション・プラクティス」のセミナーを受けに
行っていました

blogになかなか書けなかったのは、このところ忙しいのもあるんだけど
どう紹介したらよいものか、考えあぐねていたせいもあって


ここ(コネクション・プラクティス1と2)で習った技術は、大きく分けて二つあって

「感情とニーズに名前をつける」
っていうのと
「ハート/脳コヒーランス」
っていうのです

どちらもとってもパワフルなんです

たとえばね…

何かわからないモヤモヤがある。なんだかストレスに感じる。イライラする。落ち込む……

っていうのは嫌な状況ですよね。自分でもどうにもならないような。
でも
これってどうにもなるのです

この感情(感情、とも思えない、状態、みたいな時もあるよね)に向き合うのが大切って
思ってはいても
どう向き合えばいいのかもわからなかったり
そもそも向き合おうって思いつかなかったりするじゃないですか?

そんなとき、まずは
この感情に「名前」をつけてみるんですね
どんな名前がぴったりだろう?
怒っている ・ 途方にくれた ・ 傷ついた ・ 恥ずかしい ・ 寂しい …etc.

…で、自分が意外と「感情」をあらわす語彙を持っていない、ってこともわかったりするんですけど
(語彙として、意味は知っていても、自由に出てこなければ使えないってことですよね)

このセミナーでは、感情の名前のリスト(たっくさんある)をながめながら
まず
自分のその時の感情とも言えないモヤモヤに向き合って
これかな、これかな…ってぴったりの名前を探していきます

(すると…… なんだかすっきりするし、もうこのときに aha!って気づきもあったりする)

それから、その感情を生み出している自分の「ニーズ」は何かってことも
リストを見ながら探っていきます
このニーズが満たされていないから、その感情が湧くんですよね
(ニーズっていうのは自分にとって大切な価値。
受け入れること ・ 自由 ・ 成長 ・ 余裕 ・ 尊重 ・ 自己表現 …etc.…)

「感情に名前をつけると扁桃体の反応が抑えられる」
っていうことが、研究で分かっているそうです
扁桃体っていうのは、傾聴療法でも習いましたけども
感情細胞であって、脳の中心です(そしてエネルギーの源泉です)

気持ちを受け止めてもらうと、自己治癒力が働きはじめる
って傾聴療法では習いましたけど

それは的確に感情に名前をつけてもらって返してもらえたってことなんじゃないかな

ってこのセミナーを受けてまず思ったのでした
(コネ・プラと傾聴療法ではプロセスは結構違うけれどもね)

そして
自分でもそれはできる。
これは大きい発見なのでありました(必ずしもひとりでやるわけではないですが〜)

もうひとつ。
ハート/脳コヒーランスっていうのは
ちょっとした技術なんですけど(アメリカのハートマス研究所っていうところが開発したらしい)

瞑想にちょっと似てて
チャクラを扱うのにもちょっと似てて(Pranic-healingやってたし^^この頃してないけど)
あ、わたし、これ得意かも。ってすぐ馴染みました

(コネ・プラでは心拍やなんかを測るソフトを使ってなんていうか技術的に見せてくれるので、これは男性でも理系な人でも学びやすいのではないかなって思いました)

でね!!!

いろんなワークの中でこのコヒーランス技術を使うんですけど

これすごいんです
コヒーランス状態になると
閃きが下りてくるw(*゚o゚*)w w(*゚o゚*)w w(*゚o゚*)w

この閃きを使って自分や、他人との行き違いを「共感」に導くワークをしたりしました

でもね。
わたしが一番すてきだなって思ったのは

共感なしの洞察(閃き)は、謙虚さを失うし
洞察なしの共感は、辛くみじめになってしまいがちなもの。
〈共感〉と〈洞察〉その両方が必要!!


というところです
(テキストにはちょっと違う表現で書いてあったけどね)


これ、その通りだなって思いました。

そして
この共感的なプロセスで、対立や意見の違いを解消できれば
世界はもっとずっと平和な場所になるのにな、ってやっぱり思いました

こんなところが今の段階のわたしの理解。
もっと多角的だとは思いますけど、ご興味がありましたらを読んでもあんまりわからないのでやっぱり
セミナーなどを覗いてみるのをお勧めします

先日(5月18日)の日経新聞コラムに
こんな記事がありました(「あすへの話題」元内閣府事務次官 松元崇氏)

論語(孔子と弟子たちの問答集)にこんなくだりがあるそうです。

「孔子が弟子を集めて、どこかの国がお前たちを用いることになったらどうするかと聞いたことがあった(先進第11)。
ある弟子は強い立派な国にしたいと答え、
ある弟子は豊かな国にしたいと答え、
ある弟子は儀礼を執り行う助けをする者になりたいと答えた。
最後の弟子が水辺で涼んで歌いながら帰ってきたいと答えたところ、
孔子はああと感嘆して『私はそれに賛成するよ』と応えた。
孔子が言いたかったことは、国を治めるのも最後は人々の心豊かな生活のためだということであろう。
そのような生活があってこそ理想の国家だというのが孔子の思いだったのだ」


わたしも、本当にそういう国に、そういう世界に住みたいと思う。
コネクション・プラクティスは、そのための素晴らしい技術であると思う。

コスタリカではこれを学校で教えていた時代があったそうです(大統領が替わるまで)
日本でもそうならないかなー

posted by しろくま at 20:12| Comment(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: