2017年05月16日

「丕緒の鳥」


丕緒の鳥 --- 小野不由美/著 新潮文庫 2013

GWでした〜

今年は、大してどこへも行かず近所をぶらついておりましたが
後半は3日間、大阪にコネクション・プラクティスのセミナーを受けに行っていました
これについては後程またご報告するとして

セミナー受けながら行き帰りの電車と家で夜なべして
また「十二国記」を最初から最後までがむしゃらに読んでおりました

目が疲れた!!
でも
また新鮮に面白かった〜〜〜〜〜

どれもこれも
読んだら、あぁシリーズ中でこれが一番だって思って
次の巻を読んだらやっぱこっちが一番だって思って……( ̄m ̄〃)


特に、短編集なんかは(シリーズ中に2冊あります)
ほとんどあらすじも覚えていないもんで感動も大層新鮮で…

とくにこの「丕緒の鳥」の最後の2篇は
泣けてしまった……

ファンタジーなのに
ハイ・ファンタジーなのに泣けるってなに……

そうそう、シリーズは最後泰麒と李斎が戴に向けて旅立つところで終わっているのよね



つづきが読みたい……






posted by しろくま at 19:20| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: