2017年04月30日

「永遠の出口」


永遠の出口 --- 森絵都/著 集英社文庫 2006

そうそう、これを書くのを忘れていたわ。

先週、いつもの(月一の)「子どもの本を読む会」があって
そのお題がこの本でした

森絵都さんといえば、たくさんご著書がありますが
わたしは「カラフル」「リズム」「Dive!」と読んできた中で
これが一番好きかもしれない。

ひとりの女の子が主人公で
彼女が小学生〜大人になるまでを、1章づつの展開で追った短編集。

きっちり眉毛の上1センチの前髪だった女の子が
髪を染めてお酒を飲んで友達と外泊する中学時代
家族の危機や、高校時代の失恋やバイト…

最初はちょっと「ガールズ」な感じに入り込めなかったけど
だんだん面白くなってきて

この子の(っていうか著者のやね)独特の人を見る目の鋭さがなんともスリリングだし
同世代感にも共感できて楽しめました


解説を書かれているのが北上次郎さんって方ですが
「小野不由美の『十二国記』シリーズを第5部が出るまでしらなかった!」って悔しがっていらっしゃるのにも
また同感!!!


いやーまた十二国記読みたくなってきたわ。危険だー
posted by しろくま at 15:45| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: