2017年04月30日

夢のメッセージを知るworkshop

sky.jpg
GWはじまりましたね〜〜^^

初日の昨日は、オットは仕事へ、息子はボーイスカウトのソロキャンプへ、
わたしは名古屋まで夢解釈のworkshopを受けに行ってきました。

講師は、坂内慶子先生です。先生といえばこの二冊
 
の著者でいらっしゃいまして、(わたしもいつもこの本にはお世話になっています)

それに、

の訳者でもいらっしゃったなんて、今回初めて知りました。

わたしは小さい頃から夢は総天然色で毎日見るし、
結構内容もおもしろくって
ずっとずっと興味があるのですけど(夢日記もつけていたことがある)

こと解釈となるとね。
むずかしいのです
何らかのメッセージを送ってくれているはずだから、読み解きたくてたまらないのだけど、
↑のような、すてきな夢辞典にも、一般的なことしか書かれてないしね。

こんな本やら、こんな本やらも読んでみてますけど、

難しいのだ。

で、
東京まではなかなか行けないけど、名古屋だし!!

行ってきました。

そして
行ってよかった!!!!!!!


初めてお会いした坂内先生は、ちゃきちゃき率直でcrispでprofessionalで凛とした、素敵な先生でした。

開口一番、
「夢は極めて現実派」
「メッセージを受け止めて、行動に移して初めて」
意味がある
っておっしゃって
ほほーー!って痺れました。
夢物語みたいな、とかって
夢はよくとらえどころのない曖昧なものの比喩に使われるけど、そうじゃないんだ。

「チャレンジしなければ、そのテーマが続く」

そして、夢を紐解くstepを踏みながら、
集まった13人のグループを夢解釈の旅へ、導いてくださいました
やっぱり、個別の例があるとずっとわかりやすいわ。

「夢に取り組むということは、自分の、自分では知らない能力を開拓していくこと」

「夢が推奨する(教えてくれる)生き方は、魂の望む生き方」


参加者はそれぞれ、今までに見た印象的な夢を一つ選び取り組んだのですが
わたしはその日の朝、見た夢にしてみました。

ううむ…… 納得……

最後に、詩や短歌に落とし込んでみるのよね。

わたしが夢から受け取ったメッセージは
「広い場所(ところ) 自分の好きなスピードで
すきなところへ
気になるところへ」


あぁぁぁなんかこれ、大事に心に抱いて生きていこう…
(説明できないので意味不明でごめんなさいねー)


最後に
小さい頃によく見た、ずっと気になっていた夢について伺ってみました。
前に書いたことあると思うんだけど、あー、以前の(消えてしまった)blogの時かなぁ

リズムの夢。わたしにとっては、悪夢の部類。

先生の解釈はねぇ

中間生の記憶ではないか。
疲れたり、傷ついたりしたときに、それをみせることで
自分の意思でここに生まれてきたのよね
勇んで、待ちに待って、ここに来たのよね、
って自分を励ましている

ってことでした。

「夢は優しい。魂を育てるようなやり方(でメッセージを送る)をする」

って、おっしゃっていましたが
ほんとうにそう実感しました

夢は優しい。
思いやり深く、魂の方向を示してくれる。


会場は窓が大きくて、広々とした空と眼下に公園を見渡せる、気持ちの良いところでしたが
みんなでworkしていたら空がどんどん暗くなっていって
途中から雷、雨、嵐。大荒れのお天気が1、2時間も続きました
でも
帰る頃にはまた、青空が広がっていました



あー 行ってよかった!

今日先生のblogすこし読んでいたら、
それにしても感じるのは先生の視線のあたたかさ。
中にこんなのがありました。ふむふむ。
コーチかぁ。そうかぁ!!
posted by しろくま at 15:06| Comment(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: