2017年04月17日

「体の知性を取り戻す」


体の知性をとりもどす --- 尹雄大/著 講談社現代新書 2014

たまに、男性が、
「女の人は子宮で考える”からなぁー」
なんていうの、聞いたことありませんか
TVでこう言ってるのを聞いたときには衝撃を受けたわ

これって
だから女は知的に劣る…(っていう男性の偏見)

って意味に捕らえますよね。普通。
でも

この本の言いたいことはですね
(注:この本の中にこの表現は全然出てきません)

知性って脳にだけあるんじゃないよね?
体にもあるよね?

っていうことでこれは

「腸にも脳がある」(脳みたいに判断する、識別する、指令をだす…的な働きがある)
って提唱されてる人が今はいるし

体て覚えた技術は脳を損傷しても忘れない
ってことも今じゃ証明されているし

まぁ「脳化社会」の反作用的なムーブメントで今注目されているトピックであるかなとも思います

脳は基本的に過去のことを覚えていて、
思考するっていいながら単にそれをレファレンスしてるだけじゃんって

それより
体が自然に持ってる「感じる」+「動く」っていうセンサーで判断することの方が
ずっと実際的でずれが少ないんじゃないの?
っていうメッセージをこの本から感じました(「文中ではこれを「原初的な理解」って呼んでます)

脳で考えようとするから自分を信じられないんであってさ


考えてみたらちっちゃいときはみんなそうしているでしょう
自分の外側、世間”社会”を見渡すようになって「自分軸」がゆらぐのね

だけど社会は保っていかないといけないでしょう 人間は社会的な動物だもの。
だれもが「自分センサー!」でなんかしようとしたらもしかしたらカオスに…

そんなとき
「社会」(秩序、とは敢えて言わない)を保っていくのに大きく分けて二つの方法があるのではないかと
この本を読みながら考えていました

ひとつは、「ルール」。これ、今の社会でやってること。
わたしたち構成員を、「ルール」というもので「外側から」規制する。型・枠にはめる。
(本書でも、「正しさ、という鋳型」って表現がありました)
これは結果として、「体の緊張を高め、体を固める」っていう方向になるかな。

思いますにもう一つは「だれかから与えられたのではない、わたしたちに内在しているprinciple…たとえば、『愛』とか」
(昔の日本語でいうと「御大切」でしょうかね)
みんながこれを持っていて、これをリファレンスして物事を判断すれば、
社会は回っていかない?しかも優しく?そして美しく?
そして結果として、社会も、体も、心も、リラックスしない?

「自分というのをつくった瞬間から、『環境』ができちゃったんですよ…」
そもそも、自己と他の境目って、幻想かもしれないしね?



ともあれ、結局、私たちが自然かどうか、無理してないかどうか、もともと作られたように存在しているかどうか、
の目安って、固まってないか、つまり
flowがあるかどうか
なんじゃーないかなぁ…


って読後つらつらと考えていました。
ここ数年好んで読んでる本も、こういう方向のが多いんだよね。


で、このentryを書こうとして、amazonでこの本の画像のソースを調べてたら
この著者の別の本に「Flow」っていうのがあるって。


この本からわたしが見つけたキーワードと、おんなじタイトルってなんだか運命を感じるわ
(おおげさ…)

読んでみようかなぁ。どうしようかなぁ 図書館にはないしなぁ


表現が独特で(感覚の鋭さと鈍さが独特なんだろうな)ときに二度読みが必要でしたが
おもしろい本です

posted by しろくま at 17:02| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: