2017年03月28日

目と脳の速度

raimbow.jpg
今日の夕方雨が降って、ふと外を見ると虹が♪
肉眼で見るともっと鮮やかだったんですけれどもねー

ところで
今日はうまく書けるかどうかわかりませんけど、やってみます。

先週末、傾聴仲間の「速読」教室にお試し参加してきました。

速読ってねー
以前から興味あったんですけど、だってさー、何倍もの速さで本が読めたら
素敵♪♪ですよね?
もっといっぱい本が読める!

でも、速読は実用書向きであって小説を味わうのには向かない、とかっても聞いてたので、
これまで習ったことがなかったのでした。
でもね、彼女の教室のメソッドは、小説も熟読できる速読、だそうではないですかー

ということで、楽しみに参加してきました。むかーしむかし、大学時代に下宿していたところのすぐ近く。
なんだか懐かしい…

と、それはさておき

45分のレッスンを受けてきました。

なんだかね、わたし半世紀生きてきて、
自分についてあれこれ再発見するとは思わなかったのよ
(うそ。実は、自分をまだまだわかってないとは自覚してたけどさ)

私読むの速かったんです
まぁ、うすうすは自分でも、速いかなとは思ってたんですけど、
一般的にはアベレージ500〜600文字/分なんだって。
初めての場所で、あれこれ気が散りながら、計ってみたら1200〜1300くらいでして
あら。平均の2倍ちょっと。
45分のレッスンが終わったときには(もうあんまり覚えてないんだけど)2000文字越えてました

読書の速さって、
「目の動きの速さからのinputの速さ」+「脳の処理(理解)の速さ」ってかんじですよね?

そういえば…

学生の頃って、筆記テストって時間が余るものだったのよ。
たいてい2回見直してもまだ時間が余る。
よくね、(特に数学?)試験テクニックのひとつに、初めにざっと全体を見て、できるものから解いていく、っていうのがあるっていうじゃないですか(そういえばそう習ったな)
わたしそんなことしたことは一度もなくて、いつもはじめから順番に解いていって
それでも時間が足りなかったことって衝撃だったので覚えてるんだけど
たった一度(高校の数学で、時間のかかった問題があった)

これって、目と脳が速いからなんだって。

そういえば、いまでもよく、
しろくまちゃんはなんでもパッパッと思いついて工夫して早いわ〜〜〜
っていわれることが結構多くて。
へ〜?そうかなーって思っていたけど

その日も、(あとで参加したWSで)参加者アンケートを
ちゃっちゃっと書いて誰より先にパパッと出したりね。

そうか。目と脳がちょっと速いからなのね。
(あと右脳的イメージングがわりと得意)

そうそう、昔はもっと喋るのも速かった。
今みたいにゆっくりになったのは、じつはこれは(子育てを通じて得た)技術なのであります

ともあれ。
だからね、わたし結構勉強は得意で大学もそこそこ難しいよね、っていうとこに行ってたんですけど
でも
自分で頭がいいって思ったことって、ないのであります

まぁみんなわかってるとは思うけど
頭のよさって(いろいろあるとは思うけど)ペーパーテストの出来と違いますやん?

私はたまたま目と脳がちょっと”速かったから、試験は得意だったけど
それってなんていうか、速いだけっていうかさ。速けりゃいいってもんじゃないっていうかさ。

考える力(速さ、は助けにはなるけど本質ではない)や
洞察する力(同上)とかね
そういう本質的な頭のよさ、って… 憧れだし、そういう人を見るとすごいなぁって思う。


まぁね。これだけのことなんですけど
↑に書いた以外でも、来し方の結構なあれもこれも……が ナルホド!!!と腑に落ちた、
おもしろい……っていうか、帰宅したあとになって、あれこれ考えさせられた経験でありました

そうそう、この速読レッスンで開発されるのは、
目の速さ(眼筋の筋トレしてた)と脳の「速さ」だけではないそうな。
ちょっと面白いな。(やってる内容からは、全然先が見えないけど)

posted by しろくま at 22:58| Comment(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: