2017年03月06日

「屋根裏部屋の秘密」


屋根裏部屋の秘密 --- 松谷みよ子/著 偕成社 1988

本当は「ふたりのイーダ」を読んだあとこの本を買ってたの
でも、この本の前に「死の国からのバトン」が(続編として)あるっていうじゃないですか
死の国…を読むまでは読めないわって手を付けずにおりまして、今回、ようやく…

(本当はさらに「私のアンネ・フランク」が間にあるらしいんだけど、まぁこの際それはいっか、って
飛ばしてこっちを読んじゃいました)

なんかねぇ、やっぱり大人の読み手としてはねぇ
もうごく最初の方であらかた分かっちゃうの、
このエリコちゃんの「じじちゃま」が製薬会社の人で元医者で戦時中は中国にいて、って

あぁあの人体実験してた部隊の人だったんだろうな、って
だけど読み進めていると

松谷さんが、「現代民話」の最終で全国を歩かれたときに
出会った、実際のその舞台にいた人からの証言をもとに書かれたこの物語が
児童文学としては想像を超える正確さで
というより大人って思ってる私もここまで詳しくは知らなかった(知ろうとしていなかった、どこかで読んでも忘れていた)
戦時中の日本軍のおぞましい行為の様子が…

ああわかってるわなんて思った自分が恥ずかしく情けなく


「アウシュビッツだ、日本人も日本のアウシュビッツを持っていたんだ」

って、成長し大学生となった直樹が思うのです


そういえば、日本人とドイツ人って似ていると思う
よく言われることだけど

命令され意義を与えられると
恐るべき正確さと勤勉さでこういうこともやってしまうところも

いま「日本人」「ヤマト民族」とかって声高にその優越性を主張する人たちがいて
その昔ドイツ人もアーリア人優越とか言ってませんでしたか

なんか背筋がぞっとした……

部隊のあった平房(ピンファン)を日本人が訪れると必ず嵐になる…
というジンクス通り、松谷さん一行が取材に訪れると現地は大荒れの天気、
踵を返した途端に虹がかかったという、あとがきに書かれたエピソードも何とも重い

松谷さんの渾身の作。
こういう本は読み継がれないといけないって思います

それはそうと…

直樹、って、ちいさいころ(前作)も まぁーなんかいい子すぎるんじゃないの
って思いましたけど
青年になっても「いい青年」すぎるわね?

母親(ってか松谷さん)の理想の息子像??( ̄m ̄〃)
posted by しろくま at 22:10| Comment(0) | こどもの本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: