2017年02月07日

「プラハのシュタイナー学校」


プラハのシュタイナー学校 --- 増田幸弘/著 白水社 2010

図書館でふと目が合ったので(注:この本と)借りてきました。
ひさびさのシュタイナー(関連)本だぁ〜〜!

一家で移住して子どもをシュタイナー学校に通わせました♪
っていうのは、雁屋哲さんの「シドニー子育て記〜シュタイナー教育との出会い〜」
(とか「ミュンヘンの小学生」もかな?古…)
と一緒ですけども

まぁでも読んだの10年くらい前だからなぁ 単純には比べられませんが
(わたし自身がずいぶん変わっているだろうから…)

この本とっても面白かったです

チェコの、社会主義社会からの転換
その中のシュタイナー教育、いわばシュタイナー原理主義と現実主義とが拮抗する様子
チェコ人の気風(「言葉を重ねてお互いを理解し合おうとする」など←でもこれは、チェコ人に顕著というより日本人に希薄、な点かも…)と教育の姿など…

その中で育つ、日本から引っ越してきたチェコ語も全く知らない4人家族

これはお父さんの手記ですが
お父さんの観察やお父さん自身の変化も含め興味深く
読み応えがありました


ちゅん2と仲の良いクラスメイトで、中学までチェコにいた子がいるの
話聞いてると彼とってもユニークで面白いんですよねぇー^^
そんなことも思い浮かべながら読んでました



「チェコの子ども達はいかに自分が人と違うか、自分だけの個性をつくろうと工夫しているように思える。
それを互いに見せ合い、すばらしいとほめ合う。そして、『じゃあ、自分はこうしよう』とまた工夫をする」


プラハのシュタイナー学校では朝礼もHRもないけど
朝、アロマろうそくに火をともして、ひとりひとりが先生に貰った自分用の「詩」を唱えるんだって
「詩には生徒が克服すべき課題やテーマ、目標などが込められ、一年を通じてその意味を考えながら、自分を見つめなおすきっかけとする。
この詩は学年末、通知表と一緒に渡される」
(フォルメンのイラスト入りで)

「ろうそくの火も、詩の朗読も、そして鈴の音も、その一つひとつが集中して勉強するための入り口なのである。
先生たちは生徒が集中していなければ、授業をする意味がないとさえ考えている」


シュタイナー学校ってがりがり勉強しいないイメージがあるけど、ここでは結構宿題もあって、夜遅くまで勉強しているようなのです。
「チェコの宿題は絵を描いたりして楽しい」っていう部分もあるようなのですが

(中略)この思いは先生に対する敬意から生じるものでもある。だから先生のいうことをきちんと守ろうとするのである」


以上、返さないといけない本だからメモっておきました。

それから、もうひとつ。シュタイナー教育の内容ではないんだけども
ドイツから来たコンピューターの専門家の先生が「ゲームや携帯電話の怖さ」を語ったくだり

「ゲームの一番の特徴は『自分が考えていると思わせて、実はなにも考えていないことだ』と彼は言い切る。
楽器は毎日弾けば、少しずつでもうまくなる。
しかし、ゲームは何も考えていないから毎日やっても、上達するわけではない。
自分で工夫してクリアしたと思う場面も、おもしろいと思わせる場面も、途中で飽きてきたと思うことまで、実はプロフラムされた、計算尽くしのものだからである。
プログラムにうまく誘導されているにすぎないのだ。
うまくいかずにもうだめかと思っていると、ちゃんと秘密のアイテム”が現れる。
全てはプログラムに支配され、人が考える一部の隙もない。考えているようで何も考えていないのだ。
ゲームがうまくなっているように感じたとしても、それは単に反射神経が訓練されたにすぎない」


ほぉぉ。そうなんだ。わたし自分がゲームしたことないからわかんないわ。

自分で考えるかどうか かぁ……

posted by しろくま at 21:56| Comment(2) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
こんにちは〜( ´ ▽ ` )ノ
お久しぶりです
お父さんからの目線って自分にないものだから、読んでて面白い から好きです
読んでみよ!
ゲームは私もあまりしないのですが、お母さんが亡くなった時に玉を消していくゲームにはまった方が、無になれるからついやっていた、と言ってましたね〜
なるほどな、と思いました
言いなり、って楽ですもんね
そんな感じかな
あと、ゲームは頑張った分だけ成果があるからいいらしいです
現実は頑張った分だけ成果があるとは限りませんもんね
だが、そこがいい!のかな…
Posted by kie at 2017年02月08日 11:07
kieさん、お久しぶり〜〜〜〜〜〜♪
毎度ご愛顧ありがとうございまする。

ふうん。なにかで自分を埋めたい、っていうときにゲームが丁度いい…って人もいるのかな。

スキーやスノボのゲーム楽しんでる人もいるけど、わたしはやっぱり雪の上でスキーやスノボをしたい派なのでありました

あぁ、でも、ゲームのもつ全能感ってクセになるのかもーーーーー

このところ寒いですね!あったかくしてお過ごしくださいね〜^^
Posted by しろくま( ̄(エ) ̄)ゞ at 2017年02月10日 08:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: